デイリーランキング

NTTデータがVR会議システムを開発、導入は2020年目指す

業界動向

2019/08/21 18:30

VR作品コンテスト「VRクリエイティブアワード2019」の最終結果発表イベント開催、8月25日

業界動向

2019/08/21 19:00

クラファン大成功のVRMMORPG 開発元にはY Combinatorも出資

投資

2019/08/22 12:00

増えるAR×アパレルの取り組み Magic Leapがアパレルメーカーらと提携

業界動向

2019/08/21 11:30

建築向けVRソフト「SYMMETRY alpha」無料提供が終了 有料版は商用利用が可能に

開発

2019/08/22 11:30

MoguLive facebook twitter hatena line

VRの「いま」を掘りだすニュースメディア

MoguraVR

デル、ARヘッドセットMeta 2を代理店販売へ

AR分野は今後、様々な分野の産業を支えていく重要な技術です。マイクロソフトのHoloLensはすでに様々な分野で使われ始めています。

ラスベガスで行われたCES2018で、デルはARヘッドセットメーカーのMetaとの提携を発表しました。Metaが展開するPC向けのARヘッドセットMeta 2の代理店となります。

Meta2の一般発売も間近か/h2>

デルは、CES2018にて、PC向けVRTヘッドセットHTC Viveビジネス版の提供と合わせてPC向けARヘッドセットMeta 2を提供することを発表しました。発売時期などについては追って、詳細が発表されるとのことです。

Meta2とは

Meta2は、頭に被るヘッドマウントディスプレイ型のARデバイス。視界を覆う透明のディスプレイに情報を投影することで、現実世界に様々な投影が行われます。

ARデバイスは様々登場していますが、Meta2の最大の特徴は視界の広さに関わる視野角です。できるだけ人間の視野に近づけたいとし、他のARデバイスの2倍以上広い視野角90度を実現しています。

ポジショントラッキングが可能なため、移動しながらの使用が可能。また手のジェスチャーで操作を行います。ウィンドウを現実空間に複数浮かべ、指で突っつきながら移動、両手を使ってピンチの動きするとズームができるなど、きわめて直感的なコンピューティングを可能にします。

マイクロソフトが開発中のHoloLensとの違いは、視野角以外にはHoloLensが独立型の端末なのに対し、Meta2はPCへの接続が必要なことなどが挙げられます。

現在、公式サイトで開発者用のデバイスが発売されていますが、今回の提携によって一般向けに販売される可能性を秘めています。

(参考)
視野角90度のARデバイスMeta2、当初の予定を前倒し6月上旬に発送開始
http://www.moguravr.com/meta2shipping6/

META Partners With Dell For Retail Distribution/VRfocus(英語)
https://www.vrfocus.com/2018/01/meta-partners-with-dell-for-retail-distribution/


パルコらVR表現の実験を開始 次世代クリエイター発掘・育成目指す

2018/01/26 15:00 活用事例

戦う女性戦闘部隊を描く VRによる没入型ドキュメンタリー

2018/01/26 15:00 VR動画