デイリーランキング

VTuberたちの歌で年末を過ごす「V紅白」第2回が開催

VTuber

2019/12/10 12:29

Oculus Quest、ハンドトラッキングが今週中に実装

Oculus Quest

2019/12/10 18:09

道明寺ここあの現アーティストが卒業を発表、最後の動画を投稿

VTuber

2019/12/10 11:09

【ドラゴンクエストウォーク】受賞記念キャンペーン実施中

ゲーム・アプリ

2019/12/11 10:42

にじさんじ、常設オーディション開設 クリエイターなど経験者向け

VTuber

2018/12/26 13:52

MoguraVR facebook twitter hatena line

「バーチャルを楽しむ」ためのエンタメメディア

MoguLive

「Beat Saber」開発元のCEOが退任、今後は“楽曲制作に専念”

2019年7月10日、大人気VRリズムゲーム「Beat Saber」で知られるBeat GamesのCEO、Jaroslav Beck氏の退任が発表されました。今回の退任は同社の公式Twitterで明らかとなったものです。

Beat Gamesによると、Beck氏は退任後も同社に残り、音楽関連の業務や「将来的な可能性(future opportunities)」に携わるとのこと。後任のCEOには同じく「Beat Saber」の制作者の1人であるVladmir Hrincar氏が就任します。


(Beat GamesのJarroslav Beck氏。2018年のMogura VR News/MoguLiveによるインタビューの際に撮影)

Beck氏はCEO職と並行して、「Beat Saber」のオリジナル楽曲の制作を担当してきました。Beat Saberの楽曲一覧を見ると、オリジナル曲の多くはBeck氏のものによるものであることが分かります。

サウンドトラック制作も担当

Beck氏退任の詳細な理由は明かされていませんが、Twitterの告知には「今回の人事異動で彼(Beck氏)は、より柔軟に楽曲制作や「Beat Saber」に取り組むことができるようになります」とのこと。同氏が楽曲制作に集中するための人事異動であることが明示されています。

Beat Saberの誕生秘話など、Beck氏が来日した際のインタビューは下記から読むことができます。

大ヒットVRゲームの舞台裏に迫る「Beat Saber」CEOインタビュー(前編)

大ヒットVRゲームの舞台裏に迫る「Beat Saber」CEOインタビュー(前編)

MoguraVR

VRゲーム「Beat Saber」が話題を集めたワケ CEOインタビュー(後編)

VRゲーム「Beat Saber」が話題を集めたワケ CEOインタビュー(後編)

MoguraVR

(参考)UploadVR



【Mogura VR 主催のイベント】
・【申込は12月9日まで】比べてわかる、試してわかるVR/ARデバイス・モーキャプ体験会 @東京

【Sponsored Post】
・藤井直敬の「現実を科学する」 第三回:“新しい現実”と向き合うには?
・「直感×アルゴリズム♪」が5Gで見せた世界とは?
・さながら“どこでもドア”? KDDIが「かぶらないVR」に取り組むワケ
・今までにない価値を作り続けたい――異色のテック×クリエイティブ集団の仕掛け人に訊く

泳ぎながらタイムが見える AR水泳ゴーグルが登場

2019/07/11 12:00 AR/MR

人の目レベルのVRヘッドセット「VR-1」、大阪と名古屋で体験会開催

2019/07/11 12:00 テック

「Insta360 Pro 体験説明会」 Advertisement

VR/AR/MR 用語集