デイリーランキング

AR/VR・メタバース分野に日本企業が存在感を発揮するには?政投銀がレポートを公開

業界動向

2021/12/02 12:30

世界中からメタバース関連の話題をお届け メタバース通信 vol.12

メタバース

2021/12/01 11:44

遊園地のバンパーカー×VRアトラクション、好調でグローバル展開

業界動向

2021/12/02 12:00

デジハリ大ら、アバター生成&装着アプリ「beCAMing」を提供開始 オンライン授業向けに

活用事例

2021/11/30 19:31

地球全体のデジタルツイン開発のblackshark.ai、2,000万ドルを調達

投資

2021/12/02 11:35

MoguLive facebook twitter hatena line

XRの「いま」を掘りだすニュースメディア

MoguraVR

iPhoneをかざすと矢印で経路表示 ARを使ったナビは実現するか

スマートフォンのマップを用いた経路案内は、今や外出の際には欠かせないものになりましたが、これをARによってより簡単に、便利に使うことができるデモが制作されました。これはスマートフォンのカメラを用いて、自分がいる場所から目的地までの経路を矢印アイコンによって分かりやすく表示してくれるものです。

ARを用いたナビゲーション

このデモはロンドンのiOSアプリ開発者、Andrew Hart氏が制作したもので、アップルのAR開発キット『ARKit』を使用しています。従来の2DマップによるナビゲーションではGPSの不具合によって位置がずれたり、表示に遅延が生じたりしますが、カメラを使用したナビゲーションでは自分がいる位置に応じてリアルタイムで情報が表示されるので、より正確なナビゲーションが可能になります。

また、目的地の建物の名前や距離を、実際のそれに重ね合わせて表示することもできるので、方向感覚がつかみやすく道に迷いにくい、というメリットもあります。これはiOSデバイスで位置情報を扱う『Core Location』を用いたもので、これによってデバイスに内蔵されているWi-FiやGPS、Bluetoothや磁力計、気圧計へアクセスできます。この『Core Location』と『ARKit』によって、ARによる正確なナビゲーションを行うことができる、としています。

Hart氏によると、このプロジェクトは近いうちにGitHubにアップロードするとのこと。AR機能を備えたマップが様々なアプリとしてリリースされることによって、ARがより身近なものになるだけでなく、スマートフォンを用いたナビゲーションが、より便利で正確なものになります。また、『ARKit』を用いてスマートフォンVRで位置トラッキングが可能になるなど、スマートフォンARには様々な活用方法が見出されています。

(参考)
Road to VR / ARKit Project Shows Turn-by-Turn Directions in AR, Giving a Glimpse into Future of AR-enabled Maps(英語)
https://www.roadtovr.com/arkit-project-demonstrates-turn-turn-directions-giving-future-glimpse-ar-enabled-maps/

Mogura VRはRoad to VRのパートナーメディアです。


【注目の記事】
新しい技術であることを言い訳にしない 集英社と共同でXR組織を立ち上げた「THINK AND SENSE」インタビュー

【注目の記事】
新しい技術であることを言い訳にしない 集英社と共同でXR組織を立ち上げた「THINK AND SENSE」インタビュー

【Gear VR】7月第3週の新作&注目のVRゲーム・アプリ

2017/07/23 18:30 ゲーム・アプリ

VRゲームが題材 スピルバーグ最新作『レディ・プレイヤー・ワン』予告編公開

2017/07/23 18:30 VR動画