デイリーランキング

もし街の中心に原爆が投下されたら?教育用VRプログラム「Nukemap VR」

シミュレーション・接客

2019/08/19 12:00

“デバイス不要のVR”目指す企業が約30億調達、VR手術訓練は効果大と立証  ー 週間振り返りVR/AR/MRニュース

業界動向

2019/08/19 08:00

75gの軽量MRグラス「GLOW」登場 nreal lightに対抗か

AR/MR

2019/08/19 11:30

VRでリモートワーク、バーチャルオフィス「Immersed」無料トライアルが実施中

活用事例

2019/08/17 12:00

目指すは“デバイス不要のVR” 開発企業が約30億調達、将来的には家庭用も

投資

2019/08/15 12:00

MoguLive facebook twitter hatena line

VRの「いま」を掘りだすニュースメディア

MoguraVR

Mac史上最強の「iMac Pro」12月14日発売 VR開発もサポート

アップルはデスクトップPCiMacのプロフェッショナルモデルとして、「iMac Pro」を12月14日に発売することを明らかにしました。iMac Proは、HTC Viveを用いたVRコンテンツ開発にも対応しています。

iMac最上級モデルついに発売

アップルは2017年6月に行われた開発者向けイベント「WWDC 2017」でVRコンテンツ開発に対応したデスクトップPCであるiMacを発表し、VR開発者のサポートに本腰を入れてきました。それから半年たった今、ついにiMacのプロフェッショナルモデルとしてiMac Proが発売が開始されます。

Mac史上最強スペック

iMac Proは「プロに力を」というキャッチフレーズの元、Mac史上最高スペックを誇っています。これまでのどんなiMacのGPUよりも3倍以上高速なGPUであるRadeon Pro Vegaを搭載し、VRコンテンツ開発もストレスなく、スムーズに行うことができます。また最大128GBという驚異的な量のメモリや、プロセッサは最大18コアまでアップグレードが可能になったなど、これまでのMacとは一線を画す力強さです。

ソフトウェアもサービス拡大へ

iMacはHTC ViveなどVRのコンテンツを動かすのに必要なSteamVRに対応しており、HTC Viveで動作の確認を行うことができます。SDKに関してはUnityとUnreal Engineの両方をサポートしており、開発者は快適にVRコンテンツを作成できます。

またアップルは、強力なビデオ編集ツールであるFinal Cut Pro Xを360度動画編集に対応させる計画など明らかにしており、今後のサービスのアップデートが続くことが予想されます。

iMac Proのスペック

ディスプレイ

27インチ(対角)Retina 5Kディスプレイ
5,120 x 2,880ピクセル解像度、数十億色以上対応
500ニトの輝度
広色域(P3)

プロセッサ

8コア、10コア、18コア

メモリ

32GB 2,666MHz DDR4 ECCメモリ
オプション:64GBまたは128GBに変更可能

ストレージ

1TB SSD
オプション:2TBまたは4TB SSDに変更可能

GPU

Radeon Pro Vega 56グラフィックプロセッサ(8GB HBM2メモリ搭載)
オプション:Radeon Pro Vega 64グラフィックプロセッサ(16GB HBM2メモリ搭載)に変更可能

接続と拡張性

Nbase-T Ethernetは1Gb、2.5Gb、5Gb、10Gb Ethernetに対応
(RJ‑45コネクタ使用)
Thunderbolt 3(USB-C)ポート x 4
USB 3ポート x 4
SDXCカードスロット(UHS‑IIに対応)

OS

macOS High Sierra

価格

4,999ドルから(日本円の価格は未定)

(iMac Pro公式ページ)
https://www.apple.com/jp/imac-pro/

(参考)
Apple Positions New iMac Pro for VR Development, Available Starting Thursday
(英語)
https://www.roadtovr.com/apple-positions-new-imac-pro-as-ideal-for-vr-development-available-starting-thursday/


新しい映像体験!おすすめ・期待のVRアニメ8選

2017/12/13 19:30 VR動画

2017年のVR/ARを総括!Mogura VRがイベントを開催

2017/12/13 19:30 活用事例