360度動画もVR内で編集 Adobeが提案する新しい編集ツール「Project CloverVR」

Adobeは「Adobe MAX 2016」カンファレンスで、360度動画をVR環境の中で直接編集するPremiere用編集ツール「Project CloverVR」を発表しました。

Adobeはこれまでも360度動画の編集をより簡単にするための機能を追加していて、今回の発表はその流れでより進んだ形を提案しています。

360度動画を編集するには通常のディスプレイを使用しますが、2次元上で編集するため、さまざまなな問題が発生します。例えば、ディスプレイ上では歪んでいる映像を見ながら編集する必要があるため、通常の動画編集のように直感的に編集ができません。また、編集結果のプレビューは実際にHMDを被って見回す必要があるため、プレビューするたびにHMDの脱着が必要になり、手間になります。

Adobeはこうした問題を解決するため、VR内で編集できるツールとして「Project CloverVR」を発表しました。このツールは、VR用HMDを装着したまま、シーン切り替えなどの編集をするためのUIが提供されています。

発表では、Oculus Riftを装着。両手にOculus Touchを持って、2つのシーンをつなぐときのデモを行っていました。360度動画では、前のシーンから次のシーンに映るとき、どの視点へつなぐかという問題がありますが、このツールを用いると直感的に視点を設定することが可能です。

https://www.youtube.com/watch?v=tFkJXwH1VTE

「Project CloverVR」はまだプロトタイプ版で具体的な提供日時の言及はありませんでしたが、VRのコンテンツをVR内で編集するというコンセプトはUnityやUnreal Engine4でも機能として実現しています。VRコンテンツを作成する上で、直感的に編集が行えるVR内編集ツールは非常に有用ですので、360度動画の効率的な編集方法の一つとして開発が進むのではないでしょうか。

(参考)
Road to VR / Watch: Adobe Shows Off In-VR Premiere Video Editor ‘Project CloverVR’(英語)
http://www.roadtovr.com/watch-adobe-shows-off-in-vr-premiere-video-editor-project-clover/

※Mogura VRはRoad to VRとパートナーシップを結んでいます。

関連するキーワード: 360度動画

この記事を書いた人

  • あつぽん

    日本でMRシステムの開発に携わった後アメリカへ渡り、VR/MRシステムを企業へ導入するための検討・開発に従事。現在は日本在住。

    人間の能力そのものを拡張させるテクノロジー「ヒューマンオーグメンテーション」のコンセプトに惹かれ、その界隈の動向に強い関心を持っています。その中で実用化フェーズにあるVR/MRの盛り上がりをより広い範囲へわかりやすく伝えていきたいと思っています。

    Twitter:@atupon

    Blog:http://nybiboroku.info/

Mogura VR編集部では、インターン・ライター・編集者を募集しています!
現在、インターンの募集も積極的に行っております。応募はこちら!

応募ページへ

そのほかの業務については、詳しくは募集ページをご覧ください。

募集ページへ