GTAシリーズの元開発責任者がVR関連会社を設立

スコットランドの新聞社「The Scotsman」によると、Grand Theft Autoシリーズを手がけたロックスター・ノースの前社長であるLeslie Benzies氏は、いくつかのスタートアップ企業を立ち上げており、その中にはVR関連企業も含まれています。

Benzies氏が立ち上げた企業の事業内容

元ロックスター・ノース社長のBenzies氏は、いくつか立ち上げているスタートアップ企業のうち「VR-Chitect Limited」社の取締役に就任しています。

スコットランドのエジンバラに拠点を置く同社の事業内容を知る手がかりとして、知的財産事務所が公開している申請リストの中に、同社の名前がありました。申請している名称は「Virtual reality system and method」となっていることから、VRコンテンツの開発ではなく、ヘッドセットなどのVRシステム自体を開発しているものと思われます。

もしこれらの情報が正しければ、何らかのVRヘッドセットを開発していると思われます。しかし、現時点ではグーグルCardBoardのような簡易的なヘッドセットなのか、それともSteam VRに対応する新たなハイエンドヘッドセットなのか、その中間に位置するものなのかは分かりません。

Benzies氏は他にも「Royal Circus Games Limited」社や、「Starship Group」社、「Everywhere Game Limited」社も立ち上げており、最初に挙げた会社はイギリス知的財産庁にコンソール、PC、モバイルデバイス向けのビデオゲーム開発が主目的だと登録しています。また、同社の最初のプロジェクトと思われる『Time For A New World』というタイトルと、関連するハッシュタグ『#TFANW』が商標登録されています。どのようなゲームかはまだ分かりませんが、”New World”というVR向けとしてふさわしい名前であることからVRゲームの可能性もあります。

法廷闘争中のBenzies氏、今後本格的にゲーム開発を再開か?

Benzies氏は、2001年に発売された大ヒットゲーム『Grand Theft Auto Ⅲ』(DLCコンテンツやスピンオフゲームを含む)以降、実質的に全てのGTAゲームの製作を監督してきました。また、ロックスターが発売した『Red Dead Redemption』や『L.A. Noire』の開発にも携わっています。現在、Benzies氏はロックスターとその親会社であるTake-Two社に対して、スタジオで働いていたときのロイヤリティである1億5000万ドルが支払われていないと主張して、法廷闘争の真っ只中にいます。

このような中で、新会社を立ち上げて、新たなゲームの製作を始めていけるのか、著名なゲームプロデューサーであるBenzies氏と、彼が率いる会社の今後に注目です。

(参考)

Former President Of ‘Grand Theft Auto’ Dev Has A New VR Company – (英語)

http://uploadvr.com/grand-theft-auto-dev-rockstar-norths-ex-president-new-vr-company/

この記事を書いた人

  • あつぽん

    日本でMRシステムの開発に携わった後アメリカへ渡り、VR/MRシステムを企業へ導入するための検討・開発に従事。現在は日本在住。

    人間の能力そのものを拡張させるテクノロジー「ヒューマンオーグメンテーション」のコンセプトに惹かれ、その界隈の動向に強い関心を持っています。その中で実用化フェーズにあるVR/MRの盛り上がりをより広い範囲へわかりやすく伝えていきたいと思っています。

    Twitter:@atupon

    Blog:http://nybiboroku.info/

Mogura VR編集部では、インターン・ライター・編集者を募集しています!
現在、インターンの募集も積極的に行っております。応募はこちら!

応募ページへ

そのほかの業務については、詳しくは募集ページをご覧ください。

募集ページへ