デイリーランキング

目指すは“デバイス不要のVR” 開発企業が約30億調達、将来的には家庭用も

投資

2019/08/15 12:00

VR ZONEに続くVR体験施設「MAZARIA」、池袋で7月12日オープン 「太鼓の達人VR」が新登場!

VR体験施設

2019/06/20 11:38

英大手航空も導入、“フライト中はVR体験”広まるか

業界動向

2019/08/16 19:00

“目に入れるだけのAR”特許が明らかに、脳スキャン操作をフェイスブックが開発中  ー 週間振り返りVR/AR/MRニュース

業界動向

2019/08/13 08:00

ファーウェイが“5G×ARクラウド”の「Cyberverse」発表

業界動向

2019/08/14 19:30

MoguLive facebook twitter hatena line

VRの「いま」を掘りだすニュースメディア

MoguraVR

コールオブデューティの開発者ら、独立してVR向けのマルチプレイFPS『World War Toons』を開発中

VRで遊ぶゲームで、期待されているジャンルの1つが一人称視点のFPS(ファースト・パーソン・シューター)です。

FPSは、3Dゲームの進化とともに歩んできました。1990年代前半の『DOOM』などの作品の登場以降、現在でも『コール・オブ・デューティ』シリーズや『バトルフィールド』シリーズなど、様々な作品が人気を博しています。特に海外では、FPSは熱狂的な人気を誇り、特に対人戦のできるマルチプレイは、ランキング争いや大会が盛んです。新たなゲーム用ハードが発売されるときに、プレイできる作品紹介のほとんどがFPSで占められることもあります。それだけの人気を誇るジャンルなだけに、没入感が高くゲームの中に入った感覚になれるVRで遊べるFPSタイトルの登場に注目が集まっています。

そんな中、アメリカのインディゲームデベロッパー「Reload Studio」が、マルチプレイ(複数対戦)できるVR向けのFPSを開発しています。

image00

Reload Studioはコールオブデューティシリーズの開発者を始め、ディズニー映画のアニメーターらが集まって立ち上げられた11名の開発チームです。ベンチャーキャピタルRosenbergが提供しているRiverという資金援助プログラムの支援を受けています。なお、このRiverは日本発の視線トラッキングヘッドマウントディスプレイ「FOVE」も支援しています。

Reload Studioが開発しているFPSのタイトルは、『World War Toons』。VRに対応し、マルチプレイヤーモードを備えたFPSになる予定とのこと。VRに最適化するものの、非VR版も合わせてリリースするとのこと。どのプラットフォームで展開されるかは、今後明らかになります。

現在公式サイトで明らかになっている情報は、ゲームの簡単な説明と数枚のスクリーンショットのみです。世界大戦(World War)をベースに、プレイヤーは連合国と枢軸国に分かれて戦うことになります。

image01
image03

戦車が中心になり、リアルさが追求されてきたこれまでのFPSとは異なったコミック風の雰囲気が漂っています。リリース日や価格等の詳細は未定ですが、今後の続報に期待したいところです。
image02

Written by 久保田瞬(すんくぼ)

(参考)
Reload Studio公式(英語)
http://reload-studios.com/

World War Toon公式(英語)
http://www.worldwartoons.com/


PCとPS4で体験できるオンラインVR遊園地『Atom Universe』、Kickstarterで支援募集中

2015/03/24 18:40 活用事例

Facebookの開発者向け会議「F8」が26日午前2時よりスタート。VRそしてOculus Riftに関するコメントに注目

2015/03/24 18:40 Oculus Rift