デイリーランキング

視界に心拍数や速度を表示するスポーツアイウェア向けARプラットフォーム「NexT」

業界動向

2021/11/29 18:30

デジハリ大ら、アバター生成&装着アプリ「beCAMing」を提供開始 オンライン授業向けに

活用事例

2021/11/30 19:31

「メタバースは8兆ドルの市場」モルガン・スタンレーが語る

メタバース

2021/11/24 11:30

サウジアラビアはAR導入に理想的? Snapが語るその可能性

業界動向

2021/11/29 19:00

ボルボ、イスラエルのスタートアップ企業に出資。ARHUD開発を推進

投資

2021/11/30 12:28

MoguLive facebook twitter hatena line

XRの「いま」を掘りだすニュースメディア

MoguraVR

映画鑑賞が変わる未来へ ワーナーブラザーズ、AR・VRと映画鑑賞を組み合わせる特許を取得

映画配給やテレビ事業で知られるワーナーブラザーズが、ヘッドマウントディスプレイ(HMD)の装着により自宅でAR/VR映画を鑑賞するといった特許を2017年4月13日に取得しました。

本特許ではVRやARと映画鑑賞を組み合わせた体験を映画館だけでなく、iTunesやNelflixといった配信サービスを介して、自宅でも実現させるといった方向性を示すものとなっています。

特許には、無線通信を使いながらも複数のデバイスに対して同時に映画データを配信する様子が描かれています。今まで以上にリッチになると想定される情報の通信を実現するために、基盤として次世代高速通信「5G」が広まっている状況を前提としているとも思われます。



その他には、スクリーンに表示する映像データと、ARやVR用のデータと分けつつ同時に配信する仕組みも描かれています。AR体験であれば、TVなどに映し出された映像を観ながら、装着したHMDに映るAR関連のコンテンツが同時に投影されたり、あるいはVR体験であれば、VR空間内のモニターで映画を観ながら、その周りの環境が映像に合わせて変化することがあるかもしれません。

さらには、視聴者のアクションによって映像の内容が変わるといった、インタラクティブなコンテンツの実現までも視野に含まれており、映像コンテンツの楽しみ方を大きく変える狙いをもった特許であると言うこともできるでしょう。

(参考)
A Major Warner Bros. Patent Reveals a Coming AR/VR Movie Delivery System for Theaters, Home systems & Headsets(英語)
http://www.patentlyapple.com/patently-apple/2017/04/a-major-warner-bros-patent-reveals-a-coming-arvr-movie-delivery-system-for-theaters-home-systems-headsets.html


【注目の記事】
新しい技術であることを言い訳にしない 集英社と共同でXR組織を立ち上げた「THINK AND SENSE」インタビュー

【注目の記事】
新しい技術であることを言い訳にしない 集英社と共同でXR組織を立ち上げた「THINK AND SENSE」インタビュー

【Gear VR】4月第3週の新作&注目のVRゲーム・アプリ

2017/04/23 11:30 Gear VR

ガンコンで遊ぶPSVR向けFPS『Farpoint』新トレーラーが公開

2017/04/23 11:30 ゲーム・アプリ