ホーム
PSVR
Oculus Go
Vive・Vive Pro
VTuber
AR/MR
スマホVR
VR体験情報
ビジネス利用
VR動画
技術動向
イベント情報
ゲーム・アプリ
業界動向・将来予測

VRの「いま」を掘りだすニュースメディア

MoguraVR

大林組、施工管理者向けVR教育システム「VRiel」を開発

株式会社大林組は、実際の現場のように不具合点検などの実習ができる建設現場の施工管理者向けVR教育システム「VRiel(ヴリエル)」を開発しました。

VRで現場さながらの研修を

大林組は現在、建設現場における鉄筋配置の不具合防止など、施工管理者に管理技術を伝える体験型研修を行っています。

今までは自社施設内に教育用のモックアップを構築し、不具合箇所を探す研修を行ってきましたしかし、この方法では不具合箇所が固定されるため同じ受講者が繰り返し受講するには向かず、研修施設も限られるなどの問題があります。

今回大林組が開発した「VRiel」(VR interactive e-Learning)では、VR内で実際の現場を再現しつつ、場所を選ばず実施が可能、また素材としてBIMデータを活用することで、様々な状況の研修を導入することが可能になる、とのこと。

どこでも手軽に、様々な出題パターンで

「VRiel」は市販のVRシステムを用いており、安価に導入が可能です。

会議室や事務所など、2m四方のスペースが確保できればよい手軽さも特長。受講者はHMDを被って、教育用躯体の不具合箇所を探します。

その場で正解のモデルと不正解のモデルを切り替えて、どこが間違っているのかを視覚的に確認することもできます。プログラムの変更だけで様々な条件の研修を再現することができ、同じ受講者も何度でも受講することができることも、VRならではの利点です。

さらに建設で用いられている多くのBIMデータを活用することで、鉄筋などの品質管理、安全管理などさまざまな教育ツールを容易に作成することができます。

今後大林組では、この教育プログラムを流用して、タブレット端末でも同様の学習ができるようにシステム開発を進めているとのことです。

VRを活用することで、「実際より小さな場所で実施できる」、「データを用意するだけでバリエーション豊かな研修ができる」といった、今までにない教育技術が実現しています。

(参考)

株式会社大林組 – プレスリリース

http://www.obayashi.co.jp/press

Mogura VR主催 イベント情報

VR/AR/MR ビジネスEXPO TOKYO

VR体験施設の検索サイト「taiken.tv」



Mogura VR主催 イベント情報

VR/AR/MR ビジネスEXPO TOKYO

VR体験施設の検索サイト「taiken.tv」


この記事を書いた人

フォルト

力触覚を中心としたバーチャルリアリティを専攻する学生。幼少期から趣味でゲーム開発を行い、やがてVRにたどり着く。現在はコンテンツ開発やデバイス開発を勉強中。

Twitter:@FoltTenor

法人様向けVR/AR/MRサービスのご案内
Advertise on Mogura VR(English)

デイリーランキング

VR/AR/MRをビジネスでどう活用する?
体験&相談はお任せください!
VR/AR/MRショールーム 体験しながらビジネス相談「もぐラボ」

機材+コンテンツ+運営スタッフを
Mogura VR がフルサポート
機材+コンテンツ+運営スタッフを Mogura VR がフルサポート 「出前VR」

VTuber ライブ配信予定表

VR業界 2018年
バーチャルユーチューバー 最新情報まとめ
ニンジャマスクの購入はこちら! Mogura VR Store

「Insta360 Pro 体験説明会」 Advertisement

VR/AR/MR 用語集