デイリーランキング

KDDIとNreal、メガネ型MRデバイス「NrealLight」無償レンタルの開発プログラム発表

開発

2019/12/04 13:11

VR上で「バーチャル学会」が開催、学術や開発者、クリエイターらの交流図る

セミナー・カンファ

2019/12/05 19:00

ARグラスに関連? アップルが音声に関する新特許

業界動向

2019/12/04 11:30

2023年のVR市場規模は148億ドル? 米調査会社がレポート発行

統計・データ

2019/12/05 19:30

SteamのVRデバイス利用調査、引き続きRiftとVIVEが健闘 12月に激しい動き?

統計・データ

2019/12/03 19:30

MoguLive facebook twitter hatena line

VRの「いま」を掘りだすニュースメディア

MoguraVR

大林組、施工管理者向けVR教育システム「VRiel」を開発

株式会社大林組は、実際の現場のように不具合点検などの実習ができる建設現場の施工管理者向けVR教育システム「VRiel(ヴリエル)」を開発しました。

VRで現場さながらの研修を

大林組は現在、建設現場における鉄筋配置の不具合防止など、施工管理者に管理技術を伝える体験型研修を行っています。

今までは自社施設内に教育用のモックアップを構築し、不具合箇所を探す研修を行ってきましたしかし、この方法では不具合箇所が固定されるため同じ受講者が繰り返し受講するには向かず、研修施設も限られるなどの問題があります。

今回大林組が開発した「VRiel」(VR interactive e-Learning)では、VR内で実際の現場を再現しつつ、場所を選ばず実施が可能、また素材としてBIMデータを活用することで、様々な状況の研修を導入することが可能になる、とのこと。

どこでも手軽に、様々な出題パターンで

「VRiel」は市販のVRシステムを用いており、安価に導入が可能です。

会議室や事務所など、2m四方のスペースが確保できればよい手軽さも特長。受講者はHMDを被って、教育用躯体の不具合箇所を探します。

その場で正解のモデルと不正解のモデルを切り替えて、どこが間違っているのかを視覚的に確認することもできます。プログラムの変更だけで様々な条件の研修を再現することができ、同じ受講者も何度でも受講することができることも、VRならではの利点です。

さらに建設で用いられている多くのBIMデータを活用することで、鉄筋などの品質管理、安全管理などさまざまな教育ツールを容易に作成することができます。

今後大林組では、この教育プログラムを流用して、タブレット端末でも同様の学習ができるようにシステム開発を進めているとのことです。

VRを活用することで、「実際より小さな場所で実施できる」、「データを用意するだけでバリエーション豊かな研修ができる」といった、今までにない教育技術が実現しています。

(参考)

株式会社大林組 – プレスリリース

http://www.obayashi.co.jp/press



【Mogura VR 主催のイベント】
・【申込は12月9日まで】比べてわかる、試してわかるVR/ARデバイス・モーキャプ体験会 @東京

【Sponsored Post】
・藤井直敬の「現実を科学する」 第三回:“新しい現実”と向き合うには?
・「直感×アルゴリズム♪」が5Gで見せた世界とは?
・さながら“どこでもドア”? KDDIが「かぶらないVR」に取り組むワケ
・今までにない価値を作り続けたい――異色のテック×クリエイティブ集団の仕掛け人に訊く

Canonの一眼をVRで試し撮り カメラシミュレータ登場

2016/11/28 07:00 ゲーム・アプリ

日本国内のVRニュース、イベント情報ピックアップ #38

2016/11/28 07:00 イベント情報

「Insta360 Pro 体験説明会」 Advertisement

VR/AR/MR 用語集