デイリーランキング

AR/VR・メタバース分野に日本企業が存在感を発揮するには?政投銀がレポートを公開

業界動向

2021/12/02 12:30

新しい技術であることを言い訳にしない――集英社と共同でXR組織を立ち上げた「THINK AND SENSE」インタビュー

開発

2021/11/24 19:00 Sponsored

屋内ARナビゲーションのDent Reality、約3.8億円の資金調達

投資

2021/12/03 12:00

HoloLens 2を活用した印刷機をリモートで保守 日本HPがサービス開始

活用事例

2021/12/03 11:30

遊園地のバンパーカー×VRアトラクション、好調でグローバル展開

業界動向

2021/12/02 12:00

MoguLive facebook twitter hatena line

XRの「いま」を掘りだすニュースメディア

MoguraVR

相性抜群!新たなVR用アバター操作「パペット」

ソーシャルVRサービス『VRChat』にて、パペットを操るような感覚でアバターをコントローラー操作できる技術が登場しました。コントローラーでアバターを操作できる、コントローラーと非常に相性のいい操作方法です。



このパペットはカリフォルニア在住のアニメーター/人形遣いのChris Patstone氏が開発しました。同氏はHTC Viveのコントローラーで操作できるパペット型のアバターを制作、同アバターを用いてソーシャルVRプラットフォームの『VRChat』に参加しました。

『VRChat』は様々な人がバーチャル空間でコミュニケーションできるソーシャルVRサービスで、ユーザーは専用のSDKを用いて独自のアバターやバーチャル空間を制作することができます。

コントローラーで操作するパペット型のアバター

Patstone氏は映画『ファインディング・ニモ』に登場するマーリンのアバターを使用して
おり、使用時の様子を動画で確認することができます。

https://www.youtube.com/watch?v=zgAFRZX4cVY

ソーシャルVRではユーザーはアバターを身につけて参加しますが、現行の技術ではユーザーの手と頭の動きのみをトラッキングするため、バーチャル空間内のアバターに反映できる動きが限られます。このために、たとえば足の動きや表情など、身体の様々な部分の動作がアバターに反映されず、リアルさに欠けるという問題があります。

パペットを操る感覚でアバターを操作するというアプローチは新しく、かつ手軽に操作できるため、同じ方法でアバターを操作するユーザーは増えるかもしれません。また、ソーシャルVRでパーティーを開く際などでパフォーマンスを行う際にも活用できそうです。

(参考)
UploadVR / Puppeteering In VRChat Looks Like A Cool Use Of VR(英語)
https://uploadvr.com/puppeteering-vrchat/


【注目の記事】
新しい技術であることを言い訳にしない 集英社と共同でXR組織を立ち上げた「THINK AND SENSE」インタビュー

【注目の記事】
新しい技術であることを言い訳にしない 集英社と共同でXR組織を立ち上げた「THINK AND SENSE」インタビュー

クラウドファンディング中の8K画質VRヘッドセット『Pimax 8K』開始5日で1億円以上を集める

2017/09/26 20:00 テック

VRデバイスでARも可能にする装着型カメラ「ZED Mini」

2017/09/26 20:00 テック