デイリーランキング

アップルの新たなVR関連特許が判明。ヘッドセットの固定をスムーズに?

テック

2021/06/21 11:30

多人数がアクセス可能なバーチャル空間構築サービス、2021年下期にリリース

活用事例

2021/06/18 18:30

フェイスブックがVR広告表示テストを開始、Shopifyが新たにAR開発企業を買収 ー 週間振り返りVR/AR/MRニュース

業界動向

2021/06/21 08:00

マイクロディスプレイのKopinから新型レンズ、VRデバイスのさらなる軽量化につながるか

テック

2021/06/18 19:00

NVIDIA「Omniverse」の最新動向レポート。3Dデザインコラボの課題を解決

テック

2021/06/22 11:31 New

MoguLive facebook twitter hatena line

VRの「いま」を掘りだすニュースメディア

MoguraVR

相性抜群!新たなVR用アバター操作「パペット」

ソーシャルVRサービス『VRChat』にて、パペットを操るような感覚でアバターをコントローラー操作できる技術が登場しました。コントローラーでアバターを操作できる、コントローラーと非常に相性のいい操作方法です。



このパペットはカリフォルニア在住のアニメーター/人形遣いのChris Patstone氏が開発しました。同氏はHTC Viveのコントローラーで操作できるパペット型のアバターを制作、同アバターを用いてソーシャルVRプラットフォームの『VRChat』に参加しました。

『VRChat』は様々な人がバーチャル空間でコミュニケーションできるソーシャルVRサービスで、ユーザーは専用のSDKを用いて独自のアバターやバーチャル空間を制作することができます。

コントローラーで操作するパペット型のアバター

Patstone氏は映画『ファインディング・ニモ』に登場するマーリンのアバターを使用して
おり、使用時の様子を動画で確認することができます。

https://www.youtube.com/watch?v=zgAFRZX4cVY

ソーシャルVRではユーザーはアバターを身につけて参加しますが、現行の技術ではユーザーの手と頭の動きのみをトラッキングするため、バーチャル空間内のアバターに反映できる動きが限られます。このために、たとえば足の動きや表情など、身体の様々な部分の動作がアバターに反映されず、リアルさに欠けるという問題があります。

パペットを操る感覚でアバターを操作するというアプローチは新しく、かつ手軽に操作できるため、同じ方法でアバターを操作するユーザーは増えるかもしれません。また、ソーシャルVRでパーティーを開く際などでパフォーマンスを行う際にも活用できそうです。

(参考)
UploadVR / Puppeteering In VRChat Looks Like A Cool Use Of VR(英語)
https://uploadvr.com/puppeteering-vrchat/


【Mogura主催のイベント】
・XRの最新技術に触れられる「VR EXPO 2021 TOKYO」早割チケット販売中!(6月末まで)

クラウドファンディング中の8K画質VRヘッドセット『Pimax 8K』開始5日で1億円以上を集める

2017/09/26 20:00 テック

VRデバイスでARも可能にする装着型カメラ「ZED Mini」

2017/09/26 20:00 テック