デイリーランキング

他国の博物館をVRで“歩く” フォトグラメトリーで可能になる再現

ビジネス活用事例

2019/03/18 12:03

「任天堂のVR」発売への軌跡を辿る、アップルのARデバイスは年内量産開始? ー 週間振り返りVR/AR/MRニュース

業界動向

2019/03/18 08:00

そうめんを食べるとラーメンや焼きそばの味 ARで錯覚を引き起こす

テック

2019/03/17 11:30

GoogleのVR映像制作チームが解散、6年を超える活動に終止符

業界動向

2019/03/16 12:00

任天堂がついにVRへ、「Nintendo Labo: VR Kit」4月12日発売 ニンテンドースイッチでVR体験

VR

2019/03/07 11:42

MoguLive facebook twitter hatena line

VRの「いま」を掘りだすニュースメディア

MoguraVR

文字を拡大、明度を調節 VRヘッドセットで視覚障害者をサポート

ヘルスケアにおいても活用が見込まれているVRですが、サムスンは視覚障害を抱える人をサポートするアプリRelúmĭnoを開発、提供を行なっています。

『Relúmĭno』とは

『Relúmĭno』はスマホ向けVRヘッドマウントディスプレイGear VRで動作し、視覚障害を抱える人をサポートする様々な機能を搭載しています。

たとえば視界の特定の領域を拡大したり、テキストをクリアに表示したり、コントラストや明るさを調節する機能を搭載しており、これらの機能によって外界のものを見えやすくしたり、テレビや本、アート鑑賞など様々な場面で役立ちます。

『Relúmĭno』はサムスンが運営するC-Labによって開発されたアプリです。C-Labとは同社の社員が自由に考案したアイデアから優れたものを実現する社内インキュベーターです。

C-Labのプロジェクトとして開発された『Relúmĭno』は今年バルセロナで開催されたMobile World Congressにも出品されました。C-Labのプロジェクトは通常1年のスパンで運用され、期間を過ぎた後は閉鎖するか、もしくは他社に開発を任せますが、サムスンは今後も『Relúmĭno』の開発を継続して行う予定で、アプリに関連する製品も開発する予定です。

次のステップとしてメガネ型デバイスの開発も予定しており、装着しても不自然に見えないデバイスの開発を予定しています。

サムスンの副社長であるJaiil Lee氏によると、『Relúmĭno』は全世界に2億4,000万人いる視覚障害を抱える人々にとって役立つツールであり、今後も開発・サポートを継続して行うとのこと。

(参考)
UploadVR / Samsung Launches Relúmĭno App To Help The Visually Impaired(英語)
https://uploadvr.com/samsung-launches-relumino-app-help-visually-impaired/

大日本印刷、VR/ARも活用する日本アニメ文化発信の場を開設

2017/08/28 16:32 イベント情報

アニメ・ゲームの360度写真に自分を合成 新商品PRに活用

2017/08/28 16:32 ビジネス活用事例