デイリーランキング

VR/ARでの利用も視野、「電子コンタクトレンズ」を開発するInWith

テック

2022/01/11 11:00

XR/メタバースの海外最新動向を語る「CES2022報告会」、1月19日にオンライン開催

セミナー

2022/01/13 17:00

VRモデリングツール「Microsoft Maquette」が開発中止へ

業界動向

2022/01/11 19:30

世界中からメタバース関連の話題をお届け メタバース通信 vol.21

メタバース

2022/01/14 14:55

スマートコンタクトレンズ開発企業やメタバースをまたいで使えるアバターシステム企業が相次いで調達 ー 週間振り返りVR/AR/MRニュース

業界動向

2022/01/11 08:00

MoguLive facebook twitter hatena line

XRの「いま」を掘りだすニュースメディア

MoguraVR

広い空間で複数人のVR体験 フリーロームロケーションVRが共同開発

デジタルハリウッド大学大学院は、広い空間で複数人のVR体験を同時にできるフリーロームロケーションVRに向けたコンテンツ開発を株式会社キッズプレートと共同で開発すること発表しました。

また本大学院、キッズプレート、カメラセンサーシステム「RTS」を開発する中国のレアリズ社の3社が業務提携を行い、ゲーム分野だけでなく幅広い分野での開発を目指すとのことです。

本学内は、院生室にレアリズ社の「RTS4000」を常設設置しVR開発者の育成にも取り組みます。同カメラは、200個以上のマーカーを同時に追跡することができ、マルチ管理システムによるデータ処理を最適化し、2.9msのレイテンシーまで短縮させることでVR内での同期体験を可能にしています。/

対応できる空間の大きさは、5平米から500平米以上とされており、1人から最大20人までのVR同時体験に対応しています。本カメラの利用用途として、ゲーム、医療、防災、教育、工業、展示、ロボットなど利用用途の多様性も特徴となっています。

スペックの概要

なお、2017年6月よりオープンした東京・秋葉原にある『SEGA VR AREA AKIHABARA』に設置されている『MORTAL BLiTZ FOR WALKING ATTRACTION』では、フリーローム体験が可能です。自分の足で歩きながら体験するウォーキング型のVRアトラクションです。Mogura VRでは、体験レポートを行っています。

(参考)
プレスリリース


【注目の記事】
・XR/メタバースの海外最新動向を語る「CES2022報告会」がオンラインで無料開催、1月19日
・殴って殴って殴りまくるVRリズムアクション「Blast Beat」発売! 1月21日まで20%オフ

iPhoneのARアプリで建築物の3Dデータを実寸表示も

2017/07/20 11:43 3Dモデル活用

VRでよりリアルな手の動きを実現するには

2017/07/20 11:43 活用事例
VR/AR/MR 用語集