デイリーランキング

パナソニックの「超軽量・眼鏡型VRデバイス」体験会が開催、全3回

業界動向

2020/04/03 11:00 Sponsored

VTuber事業のActiv8が約10億円調達、VRライブシステム開発へ

投資

2020/04/01 18:30

ARで“空間にメモ”できる業務向けアプリ、LiDARにも対応

活用事例

2020/04/02 12:00

DMMと東京大学がVR空間のUIを共同研究、新しいVR体験を開発

業界動向

2020/04/01 19:00

フェイスブック、マイクロLEDメーカーと独占契約 ARグラス開発用か

業界動向

2020/04/01 13:06

MoguLive facebook twitter hatena line

VRの「いま」を掘りだすニュースメディア

MoguraVR

VRを通して絶滅危惧種を守る、動物研究に活用

準絶滅危惧種にもなっている動物、ジャガー。この動物をVRで研究できるようにする計画が、オーストラリアの統計学者らのチームによって進んでいます。

このVRプログラムはペルーの自然保護団体であるthe Lupunaluz Foundationも参加、ジャガー達が安全に行き来するための“回廊”を作るサポートを行うとのこと。回廊は国立公園と保護地域を結び、ペルー本土を横断する見通しです。

ジャガーはアマゾン一帯の生態系において、重要な役割を果たす動物です。かつては40万頭以上のジャガーが生息していましたが、今ではわずか数万頭にまで数を減らし、IUCNレッドリストでは準絶滅危惧種に指定されています。1960年代から1970年代にかけて毎年1万8千頭のジャガーが殺されました――牧場主たちは、家畜をジャガーから守ろうとしたのです。

ジャガー絶滅をVRで救う

VR制作チームは1か月にわたり、360度カメラとドローンを活用し探索データと映像を取集、ジャガーの生息地を詳細にVRで再構築しました。研究者はVRデバイスを用いることで再構築したVRジャングルを探索でき、現実のジャガーの生活環境を荒らすことなく、ジャガーがどのような場所で暮らしているかを知り、研究に役立てることができます。

チームを率いるケリー・メンゲルセン教授は「VRを活用しジャガーの回廊を把握することができれば、政府によって保護区域に指定され、ジャガーが守られることになる」とコメントしています。

同チームは“ジャガーの回廊”の他にも、VRを活用した研究プログラムとして、インドネシアのオランウータンや南アフリカのチーター、オーストラリアではコアラの回廊のデータを収集。“バーチャル・グレート・バリアリーフ”を作ろうと取り組んでいます。

(参考)COSMOS


ホロライブ運営のカバー株式会社、中国展開の提携企業との契約解消を発表 運営体制改善へ

2019/07/22 12:15 ホロライブ

SFさながら、マイクロソフトの「多言語を自由に操る自分のアバター」デモ

2019/07/22 12:15 AR/MR

「Insta360 Pro 体験説明会」 Advertisement

VR/AR/MR 用語集