デイリーランキング

【体験レポ】Rift Sで体感する、Oculusの徹底的な「使いやすさ」へのこだわり

Oculus Rift

2019/03/21 00:15

Oculusが新VRヘッドセット「Rift S」発表 外部センサー不要、49,800円で今春発売

Oculus Rift

2019/03/21 00:00

【続報】一体型VRヘッドセットOculus Quest、スペックなど新情報公開

Oculus Quest

2019/03/21 00:00

4人に囲まれて洗われる「終末のハーレム VR」第三弾ハーレム篇、完全版バンドルパック篇が配信開始

ゲーム・アプリ

2019/03/19 20:00

花魁VTuber「由宇霧」が今注目される理由。扱いが難しい“性の悩み”に真摯に答える彼女の活動と魅力

VTuber

2019/03/19 19:00

MoguraVR facebook twitter hatena line

バーチャルを「楽しむ」ためのエンタメメディア

MoguLive

自作キャラを現実に呼び出すARカメラ「Vismuth」配信開始、VRMやVRoid Hubにも対応

株式会社GATARIは、iOS/Android向けARカメラアプリVismuthの配信を開始しました。VismuthではVRMの3Dモデルを現実に重ね合わせ、好きなポーズやフィルターで撮影ができます。配信先はこちら(iOS / Android)。

Vismuthでは、モデルが地面に落とす影やエフェクトの効果などにより、モデルがあたかも現実世界にいるかのような実在感のある写真を撮ることができます。

またVismuthは3Dモデルのファイル形式である「VRM」と3Dモデルの投稿・共有サービス「VRoid Hub」に対応、デフォルトのモデルに加えて、自作のVRMモデルや許可されたVRoid Hubのモデルと一緒に写真撮影が可能です。
 

Vismuthの機能

3Dモデルデータの管理

ユーザーは用意されたデフォルトのモデルに加えて、自分で所持しているVRMモデルを専用のサーバーにアップロードして管理できます。さらにPixiv IDでログインすることで、VRoid Hubでユーザーがアップロードしたモデル、および他ユーザーがアップロードしたモデルをアプリ内で使用可能です。
 

好きなモデルを、好きなポーズ・好きな表情で撮影

撮影はモデルの配置、ポージングや表情の選択、エフェクト撮影の順に行うことができます。ポーズはあらかじめ用意された数十種類の中から選択が可能で、表情もスライダーによって調整ができます。
 

フィルター・エフェクトで写真をより魅力的に

カラーグレーディングのプリセットや特殊エフェクトを適用しながら撮影することで、よりストーリーに富んだ魅力的な写真に仕上がります。現実の景色にエフェクトをかけることでモデルが現実と馴染み、より実在感のある写真撮影が可能になっています。
 

アプリ概要

アプリ名

Vismuth

配信予定日

2019/03/04

価格

基本プレイ無料(アイテム課金型)

対応機種

■Android
https://developers.google.com/ar/discover/supported-devicesに記載のARCore対応端末

■iOS
iPhone XS、iPhone XS Max、iPhone XR、iPhone X
iPhone 8、iPhone 8 Plus
iPhone 7、iPhone 7 Plus
iPhone 6s、iPhone 6s Plus
iPhone SE
iPad Pro(すべてのモデル)
iPad(第5・6世代)

公式ホームページ

https://vismuth.net/

(参考)株式会社GATARI プレスリリース

福岡県警が“VR飲酒運転体験”を全国初導入、若者に警鐘鳴らす

2019/03/05 12:00 業界動向

米海軍が高校でVR体験会、SEALsになって仲間を救出

2019/03/05 12:00 業界動向