デイリーランキング

NVIDIA、新GPU「super」を発表か? COMPUTEX 2019に注目集まる

業界動向

2019/05/24 19:30

VR業界マップ2019年版が公開 成長が顕著な分野は?

統計・データ

2019/05/23 11:30

グーグルがついに「Google Glass」の新モデルを発表、約11万円 法人向けに

テック

2019/05/21 12:30

ピクシーダストテクノロジーズ、約38億円を調達 網膜投影型AR技術など

投資

2019/05/24 11:30

足踏みするだけでVR内歩行ができる「WalkOVR」登場、クラウドファンディング中

テック

2019/05/24 18:30

MoguLive facebook twitter hatena line

VRの「いま」を掘りだすニュースメディア

MoguraVR

“バーチャル警備員”をNTTドコモやセコムが共同開発

株式会社NTTドコモは、セコム株式会社やAGC株式会社、株式会社ディー・エヌ・エー(DeNA)と共同で「バーチャル警備システム」の試作機を開発しました。バーチャルキャラクターが警戒監視などの警備や受付業務を行います。

バーチャル警備システムは、AIを搭載したバーチャルキャラクター「バーチャル警備員」が常駐警備サービスを提供するセキュリティシステム。男性「衛(まもる)」・女性「愛(あい)」の2キャラクターが用意されており、ディスプレイに等身大の「バーチャル警備員」の3Dキャラクターを表示、常駐警備員が行う警戒監視・受付などの業務をこなします。

本システムは、契約施設の内部エントランスなどに設置することが想定されています。バーチャル警備員が捉えた映像や周辺状況は、リアルタイムで契約施設内の監視卓(防災センター)に送信され、必要時には常駐警備員が対応を行います。これにより、「効率的な人員配置が可能」「運用コストの低減になる」とのこと。


(「バーチャル警備システム」のサービスイメージ)

なお、将来的には「第5世代移動通信方式(以下「5G」)を活用し、契約先施設外にあるセコムの遠隔監視センターで複数の契約先の監視を行うことも視野に入れている」とコメント。今後は2020年の発売に向けて実用化を進めていくとのことです。

(参考)株式会社NTTドコモ


【PR】
VRでなければ伝わらないメッセージとは? 大学教授もお墨付き「避難訓練VR」


VR体験施設の検索サイト「taiken.tv」

にじさんじの配信スケジュールがわかる「いつから.link」のアプリ版がリリース

2019/04/26 19:00 VTuber 最新ニュース一覧

VTuber黒咲りんの新曲「Shall We Game?」が配信開始

2019/04/26 19:00 VTuber 最新ニュース一覧
ニンジャマスクの購入はこちら! Mogura VR Store

「Insta360 Pro 体験説明会」 Advertisement

VR/AR/MR 用語集