デイリーランキング

iPad Proで測量時間を短縮、建設・土木現場向けアプリが提供開始

活用事例

2020/08/07 19:30

Steamの月例VRデバイス調査が発表、VALVE INDEXの利用率はOculus Rift超えに

統計・データ

2020/08/07 11:30

誰でも参加・発表可能なVR展示交流会、日本VR学会が9月16日より開催

セミナー・カンファ

2020/08/07 18:40

ARで新たなショッピング体験、サッポロ不動産開発が「バーチャル店舗」

活用事例

2020/08/07 20:00

リコーがスマートグラス開発、重さは「一般的なメガネ程度」に

業界動向

2020/08/03 19:00

MoguLive facebook twitter hatena line

VRの「いま」を掘りだすニュースメディア

MoguraVR

米海軍、射撃ナビゲート用ARヘルメットを公開訓練に使用へ

VR技術やAR(拡張現実)技術の使用は軍事機関の間でも広がっています。

アメリカ海軍は6月に開催される公開訓練Trident Warrior exerciseにて、射撃をナビゲートするARヘルメットを使った銃砲練習を公開します。

射撃をナビゲートするARヘルメット

米海軍がロサンゼルスに拠点を置くソフトウェア開発企業Daqriと共同で開発したARヘルメット「GunnAR」は、海軍兵の銃砲をサポートするヘルメットです。

GunnARは兵士に上官からの砲撃命令を伝えるとともに、視界に射撃情報のデータを共有します。また、ターゲットの位置や状態を認識し、“撃て”や“撃ちかたやめ”などの命令を発することもできます

GunnARの開発者は「戦場では他の銃撃などで、射撃の命令を含めほとんど何も聞こえません。GunnARは戦場で銃撃の際に兵士たちのコミュニケーションをより円滑にしてくれます」と語ります。


また、GunnARは兵士たちの銃撃練習でもその効果を発揮しています。

the West 2017 Navy Conferenceにて、実際にGunnARを使ったAnthony Cociffi 三等海曹は「さまざまな銃撃練習をしてきましたが、全く新しい経験でした。費用も節約できますし、場所も必要でありません。とても役に立つと思います。」とコメントしています。

GunnAR以外にも、オーストラリア空軍が次世代部隊向けにHoloLensを使ったテストやデモを行ったり、各国の軍事機関がHTC ViveやOculus Riftを使い軍事教練用シュミレーションを採用したりと、軍隊でのVR/AR技術の使用が増えています。

(参考)
US Navy Testing Gunnery Augmented Reality Helmet Next Month
https://vrscout.com/news/us-navy-augmented-reality-helmet-gun/ (英語)

Trident Warrior exercise 公式情報 https://defensesystems.com/articles/2017/04/21/trident.aspx (英語)

※Mogura VRはVR Scoutとパートナーシップを結んでいます。


NVIDIAやマイクロソフトも登壇 Windows10でのVR・ARコンテンツ制作セミナーが福岡で開催

2017/05/10 15:00 イベント情報

【体験レポ】へッドセットを被ると、そこは1905年の日本海 日露戦争を追体験する『VR日本海海戦』

2017/05/10 15:00 イベント情報