デイリーランキング

「ホロライブ」のビジョンとこれから――Tokyo XR Startups出身起業家インタビュー(第一回:カバー株式会社CEO 谷郷 元昭氏)

業界動向

2019/08/23 12:00

クラファン大成功のVRMMORPG 開発元にはY Combinatorも出資

投資

2019/08/22 12:00

建築向けVRソフト「SYMMETRY alpha」無料提供が終了 有料版は商用利用が可能に

開発

2019/08/22 11:30

NTTデータがVR会議システムを開発、導入は2020年目指す

業界動向

2019/08/21 18:30

Oculusモバイル部門代表、フェイスブックを去る 一体型ヘッドセット開発の立役者

業界動向

2019/08/22 11:45

MoguLive facebook twitter hatena line

VRの「いま」を掘りだすニュースメディア

MoguraVR

ツクモ、PC・スマホいらずのVRHMD「IDEALENS K2」開発者版を先行販売

ツクモブランドでPC・周辺機器を販売するProject Whiteは、IDEALENS社が開発するVRヘッドマウントディスプレイ「IDEALENS K2」の開発者向けキットを11月18日より販売開始しました。

単体で使えるVRHMD「IDEALENS K2」

「IDEALENS K2」は、Androidベースの独自OSを搭載し、PCやスマートフォンを接続せずに単体でコンテンツを楽しむ事が可能なVRヘッドマウントディスプレイ。

本体には3,800mAhのバッテリーが搭載され、ケーブル類は一切不要、重量は約295gと軽量です。センサー類は搭載されているため頭の動きを検出するヘッドトラッキングは可能ですが、位置を検出する位置トラッキングの機能はありません。

ディスプレイはOLED方式で視野角は120°、解像度は片目ずつ1200×1080で、レイテンシー(遅延)は17ms、リフレッシュレートは90Hzとなります。

内蔵されているプロセッサとして、CPUにExynos 7420、GPUにMali-T760 MP8、RAMに3GBのLPDDRR3を採用。

記憶域としては32GBのeMMCを搭載するほか、最大で128GBまでのmicro SDカードをサポートしています。

今回の先行販売では、販売価格は66,800円(税別)。台数は限定50台、教育機関や法人のみを対象とした限定販売となります。

製品仕様

外形寸法:HMD*本体部分のみ: 129mm x 183mm x 105mm

質量:HMD*本体部分のみ: 約295g

ディスプレイ方式:OLED

ディスプレイ解像度:1200 x 1080 x 2

視野角:120°

リフレッシュレート:90Hz

遅延:17ms

搭載センサ:6軸検出センサ(3軸ジャイロ・3軸加速度)、3軸地磁気センサ、光距離センサ、温度センサ

各センサ応答時間:<2.5ms

プロセッサ:CPU/Exynos 7420、GPU/Mali-T760 MP8

メモリー:ROM/32G eMMC(OS、内蔵ソフトを含む)、RAM/3G LPDDR3

拡張メモリー:micro SD(最高128G)

Wi-Fi:802.11 a/b/g/n/ac(2.4GHz/5GHz)

Bluetooth:4.0、3.0、2.0

接続端子:micro USB 2.0端子、3.5mm ステレオヘッドフォン端子

充電:約3.5時間(2A急速充電対応)

電池消費時間:約2.5~6時間(コンテンツによる)

(参考)

ツクモ – プレスリリース

https://kaisya.tsukumo.co.jp/static/release/161121i.html


Daydream対応端末の最低要求スペックが公開

2016/11/25 11:15 Daydream

胎児を3Dモデル化しVR検査 成長観測や医療判断に

2016/11/25 11:15 テック