デイリーランキング

2019年、VRは大きな転換点を迎えた

業界動向

2020/02/17 11:30

新型VRヘッドセット開発中止のAcer、「XR技術への投資は継続」

業界動向

2020/02/17 11:00

JDIが高精細VR向け液晶を量産開始、メガネ型デバイスに向け

業界動向

2020/02/17 19:34

2020年、XR産業の展望は? プレイヤー14社が語る

業界動向

2020/02/17 12:00

VRで遠隔リハビリ治療 “バーチャルクリニック”全米各地で展開へ

活用事例

2020/02/17 11:45

MoguLive facebook twitter hatena line

VRの「いま」を掘りだすニュースメディア

MoguraVR

VRで無菌操作のトレーニング NECが武田薬品に提供

武田薬品工業株式会社は、感染症ワクチンの製造工程における無菌操作の、VRを活用したトレーニングを導入しました。VRで実環境を再現することで、指導者不要で訓練者のみで無菌操作の作業中の遵守事項の確認が行えます。熟練者の経験に基づいた判断が反映されており、トレーニング効果の測定が可能です。

本VRトレーニングは日本電気株式会社(NEC)とNECソリューションイノベータ株式会社が提供。NECの「法人VRソリューション」を活用しており、利用は9月から開始される予定です。

VRトレーニングは、無菌室内の設備である安全キャビネットや細胞培養に使用する細胞培養用フラスコ、電動ピペッターといった専用の器具を用いた無菌操作をVRで再現。製造時の遵守事項をVR内で体感学習できるものです。

トレーニングでは、培養細胞や培養液、ボトル・細胞培養用フラスコ・ピペットといった器具と作業者の手の位置・角度・接触などの状態から作業の正確さをチェック。20種の遵守事項に抵触する全260ケースを検出し、雑菌等の異物混入の恐れとなる部位や原因の説明、適切な対処方法や回避方法を作業者に提示します。

トレーニングの効率化や廃棄量の減少にも

VRトレーニングは、製造トレーニングを場所や時間を問わず実施できるだけでなく、指導者がいなくても訓練者のみで無菌操作の作業中の遵守事項を確認できます。これまで熟練者が経験に基づいて判断していた部分をVRトレーニングに反映させることにより、客観的にトレーニング効果の測定が可能となっています。また、トレーニング時に用いる溶液や資材の廃棄量を減らすことも可能です。

(参考)日本電気株式会社 プレスリリース


【スポンサードポスト】
・3Dデータを手軽にVRへ。自動車や住宅などで導入進む「MeshroomVR」
・【特別企画】2Dお絵描き感覚で3Dキャラが作れる「VRoid Studio」講座、第一回を無料掲載!

【HTC Vive】注目の新作ゲーム・アプリ(2019年8月版)

2019/09/02 18:44 ゲーム・アプリ

17 Live×VカツのVTuberアプリ、東京ゲームショウでお披露目

2019/09/02 18:44 ゲーム・アプリ
新規CTA

「Insta360 Pro 体験説明会」 Advertisement

VR/AR/MR 用語集