デイリーランキング

2019年、VRは大きな転換点を迎えた

業界動向

2020/02/17 11:30

KDDI、新型コロナで中止のイベントをバーチャル開催へ 社長も登壇

業界動向

2020/02/19 16:09 New

JDIが高精細VR向け液晶を量産開始、メガネ型デバイスに向け

業界動向

2020/02/17 19:34

「Google Chrome」のAR対応が強化、API拡張へ

開発

2020/02/18 18:33

2020年、XR産業の展望は? プレイヤー14社が語る

業界動向

2020/02/17 12:00

MoguLive facebook twitter hatena line

VRの「いま」を掘りだすニュースメディア

MoguraVR

スタバ×アリババ、上海の店舗でAR体験を提供開始

中国アリババ・グループと米スターバックスが提携し、シアトル一号店に続き世界で二番目にオープンした「Starbucks Reserve Roastery」上海店でコーヒーのAR体験を提供し始めました。

コーヒーのワンダーランドでAR体験

およそ2,800平方メートルにもおよぶ広々とした店内には、長さ27メートルの3台の木製コーヒーバーカウンターや、総勢1,000人以上の中国伝統建築家たちが装飾した40トンもある銅製の焙煎キャスクが配置されています。コーヒー豆、サイフォン、スターバックス製品などが並ぶ店内の様々な場所でARを体験できるように仕掛けられ、豆の栽培からコーヒー一杯が出来上がるまでのストーリーや焙煎方法などのアニメーションを楽しむことができます。

https://www.youtube.com/watch?v=T9JbcpOR2lw

スマートフォンを店内にある巨大な焙煎キャスクにかざすと、特別に熟成させたコーヒー豆の芳醇な香りを引き出す醸造方法を、画面に映し出されるシンプルなインフォグラフィックスを通してのぞき見ることができます。ほかにもスマートフォンをサイフォンにかざせば、実際にサイフォンに注がれているコーヒー豆の種類を画面上で確認できるなど店内ではコーヒーについて多くのことを発見できるようにな仕組みになっています。

デジタルバッチを集めて撮影用特製フィルターがもらえる

店内のARを体験するごとに毎回デジタルバッジを受け取ることができます。そしてすべてのデジタルバッジを集めると「カスタマーロースターフィルター」が獲得できます。このフィルターを通して思い出の写真を撮影したりSNSへの投稿もできるようになっています。

アリババの『Taobao』アプリで位置情報機能をONにすると、スマートフォンが店内に入ったことを検知。自動的に店内のマップやデジタルメニューが画面に開きます。『ポケモンGO』でも使われた位置情報機能を利用したARコンテンツは、現在中国のショッピングビジネスで注目を集めています。

Google Play Store 『Taobao』
https://play.google.com/store/apps/developer?id=Taobao&hl;=en

(参考)
The World’s Largest Starbucks Spices Things Up With Location-Based AR / VRScout
https://vrscout.com/news/starbucks-location-based-ar/

Starbucks Newsroom(英語)
https://news.starbucks.com/press-releases/starbucks-opens-state-of-the-art-premium-reserve-roastery-in-shanghai

Starbucks Reserve公式サイト(英語)
https://www.starbucksreserve.com/

Mogura VRはVRSvoutのパートナーメディアです。


【スポンサードポスト】
・3Dデータを手軽にVRへ。自動車や住宅などで導入進む「MeshroomVR」
・【特別企画】2Dお絵描き感覚で3Dキャラが作れる「VRoid Studio」講座、第一回を無料掲載!

グーグル、視線追跡を使った新しいレンダリング技術の研究を発表

2017/12/11 15:00 活用事例

【PSVR】『人喰いの大鷲トリコ』の世界をVR体験 無料配信

2017/12/11 15:00 PlayStation VR(PSVR)
新規CTA

「Insta360 Pro 体験説明会」 Advertisement

VR/AR/MR 用語集