デイリーランキング

“PS5”は2020年末発売、フェイスブックのソーシャルVR「Horizon」独占取材 ー 週間振り返りVR/AR/MRニュース

業界動向

2019/10/15 08:00

VR内編集もできる3Dツール、開発企業が約1.8億円調達

投資

2019/10/15 11:33

XRコンソーシアムが新理事を発表 VR/AR業界のプレイヤー揃え強力な布陣で業界推進

業界動向

2019/10/15 16:39

藤井直敬の「現実を科学する」 第一回:そもそも、科学とはなんだろう?

業界動向

2019/10/15 12:30 Sponsored

スマホをかざしてARで測量を簡単に 大林組も社内標準として導入

活用事例

2019/10/16 11:02

MoguLive facebook twitter hatena line

VRの「いま」を掘りだすニュースメディア

MoguraVR

見るだけでなく解剖も VRで手術前のシミュレーション

バーゼル大学は、手術前により具体的な手術プランを立てるために、VR外科シミュレーター『SpectoVive』を開発しています。

立体的に見るだけでなく、実際に解剖できる

VRはエンターテインメント以外にも広い分野で活用が進められており、医療もその一つです。

HTC Viveを使用した『SpectoVive』では、外科医は手術前に人体の3Dモデルを用いて手術のシミュレーションをできるようになります。模型を自在に見回すだけでなく、コントローラーを用いて掴む、動かす、回す、拡大するといった操作によって、より細かく観察することが可能です。

https://www.youtube.com/watch?v=AttXbcLUyR0

VRシミュレーターが従来の技術とは一線を画するポイントは、3Dモデルの見方だけでなく、そのやり取りの仕方にあります。

例えば、はさみツールを使って自由に模型を切断し、体層の各部分を検査することができます。またX線やCTスキャンもすぐに行うことができます。

実際に解剖するように検査ができることで、より具体的な手術プランを立てる助けになるのです。

日本でも開発される医療用VR

日本国内でも、医療分野でVRを活用してシミュレーションに取り組んでいる企業があります。株式会社HoloEyesは、医療用のCTスキャンデータを活用して、医療のトレーニングや手術中のナビゲーションをVR/ARで実現しています。

医療へのVRの活用は、学習の場でも現場でも、また痛みの緩和など効果があるとも言われており、その医療のあり方を根本的に変えうる可能性を秘めています。

https://www.youtube.com/watch?v=PDi0XXhncQc

(参考)

VR Scout / Surgeons Can Now Prep for Surgery in VR(英語)

http://vrscout.com/news/surgeons-can-prep-surgery-vr/


Cerevo、足で触感を得られるVR用シューズ「Taclim」を発表

2017/01/05 19:00 テック

オーディオメーカーのJBLからOculus Rift対応ヘッドホン登場

2017/01/05 19:00 Oculus Rift

「Insta360 Pro 体験説明会」 Advertisement

VR/AR/MR 用語集