デイリーランキング

iPad Proで点群スキャン、「LiDAR」活用のアプリがリリース

テック

2020/09/30 12:00

MRデバイス「HoloLens 2」で体験型オンライン授業、80%以上が「内容定着しやすい」

活用事例

2020/09/30 11:31

「PSVR2」用か? ソニーが新ハンドコントローラーを特許出願

テック

2020/09/28 12:00

触覚デバイスのHaptX、大学から150万ドルの助成金 “全身力触覚”目指す

投資

2020/09/30 19:30

バーチャルオフィスにアバター出勤、クラウドオフィス「RISA」

業界動向

2020/09/30 19:00

MoguLive facebook twitter hatena line

VRの「いま」を掘りだすニュースメディア

MoguraVR

フェイスブック、ARツール「Spark AR」ハッカソン開催 参加はオンラインで

フェイスブックは、ARエフェクトツール「Spark AR」を用いたオンラインハッカソンを開催します。人々を楽しませる、イノベーティブなARコンテンツを募るものです。

人物や空間に合わせたエフェクト登場

Spark AR」は、フェイスブックが開発するARツール。スマートフォンやタブレット端末からFacebookやInstagramアプリのカメラ機能を使い、ARエフェクトを楽しめます。カメラに映る「顔」や「人物の輪郭」、「手や顔のパーツ」などを認識し、さまざまなフィルターを追加。たとえば、カメラに映る顔にキャラクターのペイントを施したり、カメラに向かって笑顔を見せると画面上に星が現れるなど、顔の動きや現実の空間に合わせた様々なエフェクトを施せます。

イノベーティブな提案を歓迎

今回のハッカソンの要件は、「Spark ARを用いて、World AR Effectを作り出し、ユーザー周囲に3DコンテンツのようなAR効果をもたらすこと。より楽しくイノベーティブな内容を歓迎する」ということです。今回のハッカソンでは、フロントカメラを用いた顔フィルターではなく、背面カメラを使い、世界にARを使って新しい表現をもたらすものを求めています。

2月10日より受付を開始しており、応募締切は3月16日17時(日本時間3月17日午前7時)です。

ハッカソンの概要は下記の通りです。

応募期間

2020年2月10日~3月16日17時(日本時間3月17日午前7時)

応募方法

公式ウェブサイトより登録し、制作したフィルターを使った2分間の動画を応募

賞金

1位:賞金3,000ドルとF8ハッカソンイベントへの招待
2位:賞金2,500ドル
3位:賞金1,500ドル

評価基準

・アイディアの質
・アイディアの実現可能性
・影響力のポテンシャル

Spark ARを用いた実例はこちらで紹介しています。

「AR×コスメ」活用が進む カラコン・メイク体験で商品プロモーション | Mogura VR

「AR×コスメ」活用が進む カラコン・メイク体験で商品プロモーション | Mogura VR

MoguraVR

無地のシャツにスマホをかざすと……スウェーデン発の"AR×Tシャツ" | Mogura VR

無地のシャツにスマホをかざすと……スウェーデン発の"AR×Tシャツ" | Mogura VR

MoguraVR

スタバがARフィルターをインスタで公開 専用カップでアニメ再生 | Mogura VR

スタバがARフィルターをインスタで公開 専用カップでアニメ再生 | Mogura VR

MoguraVR

インスタやFBが「AR蚊の群れフィルター」をリリース、そのワケは? | Mogura VR

インスタやFBが「AR蚊の群れフィルター」をリリース、そのワケは? | Mogura VR

MoguraVR

(参考)DEVPOST


「ARレゴブロック」に「レゴ風フィルター」……最新技術活用のユニークなPR手法に注目

2020/02/12 18:37 活用事例

花譜 「不可解(再)」の3Dライブビューイング決定 AR回遊体験も予定

2020/02/12 18:37 VTuber 最新ニュース一覧