Home » ソニーが8K解像度のVRヘッドセットのデモを公開、4K有機ELマイクロディスプレイを採用


テック 2021.12.07

ソニーが8K解像度のVRヘッドセットのデモを公開、4K有機ELマイクロディスプレイを採用

2021年12月7日、ソニーは両目8K(片目4K)のVRヘッドセットのデモを公開しました。ソニーの開発した、1インチクラスで4K解像度を実現する有機ELマイクロディスプレイを搭載、筐体の小型化と映像の高精細化を図っています。

KYOTO CG ART CONTEST
KYOTO CG ART CONTEST

メディア向け技術イベントで発表、ソニーの技術活かす

このVRヘッドセットのデモは、ソニーが開催する技術イベント「Sony Technology Day」で明らかにされたものです。今回開発された4K有機ELマイクロディスプレイは、「スマートフォン向けの有機ELディスプレイと比較して2倍以上の画素数を持ち、パネルサイズは20分の1近くに小型化されている」とのこと。

この4K有機ELマイクロディスプレイの多画素化・小型化にはソニーが培ってきたCMOSイメージセンサーの加工技術が、そして高画質化にはディスプレイ関連のデバイス・回路技術が活用されています。


(併せて、ユーザーが頭部を動かした際の遅延補償についても語られた。複数センサーの情報を組み合わせ、ディスプレイの出力よりも前に映像を変換し、体感の遅延時間を短縮する)

ソニーは本デモにおいて、「ヘッドマウントディスプレイの超高精細化・小型軽量化により、ネットワーク経由かつ大人数での空間共有に向けた技術開発をさらに進め、離れた場所の人が体験を共有するための圧倒的な臨場感を作りたい」とコメントしました。

https://www.youtube.com/watch?v=xHuqsHmHkZM

(参考)ソニー


VR/AR/VTuber専門メディア「Mogura」が今注目するキーワード