デイリーランキング

VRで溶接業務トレーニング、習得スピード向上 神戸製鋼ら

活用事例

2020/07/08 18:30

VRで林業研修を安全に。全国森林組合連合会にて運用がスタート

活用事例

2020/07/08 13:01

株式会社CyberVが解散……複数のVTuberを稼働するシステムなど運用

業界動向

2020/07/07 18:53

ビジネス向けVR/AR/MR展示会「VR EXPO 2020 夏」7月30日にオンライン開催

業界動向

2020/07/09 19:00

場の共有を実感できる? Microsoft Teamsに新機能

活用事例

2020/07/09 19:30

MoguLive facebook twitter hatena line

VRの「いま」を掘りだすニュースメディア

MoguraVR

その数2,000点以上、スミソニアン博物館運営が著作権フリーの3Dモデル公開

米国のスミソニアン博物館を運営するスミソニアン学術協会は、スペースシャトルを始めとする多くの3Dモデルを公開しています。現在2,000点以上の3Dコンテンツが使用でき、主に教育現場などでの活用が期待されています。

機体の警告ラベルまで詳細に

公開された3DCGの代表例として、スペースシャトルのディスカバリー号(Space Shuttle Discovery)が挙げられます。撮影はレーザースキャナー等を用いて、フォトグラメトリの手法で行われました。タイル1枚1枚のシリアルナンバーや、警告ラベルの文字を読み取れるほど精密なモデリングに成功しています。

https://www.youtube.com/watch?v=j30Rj–s0Gc

ウェブサイトでは、3Dモデルのダウンロードもできます。保存データを用いて、オフラインでの閲覧や3Dプリントが可能です。今後は、機体内部の3Dスキャンも計画していると言います。なおディスカバリーの3Dモデルは、SketchFabのプラットフォームでも公開されています。

2,000点以上の著作権フリーモデル

ディスカバリーの他にも、スミソニアン学術協会は2,000以上の3Dモデルを”Open Access models”と呼ぶライブラリで公開しています。これらはすべて無料かつ著作権フリーです。アブラハム・リンカーンの頭像からクジラの骨格に至るまで、モデルをスライスして見たり、3Dプリンターでの製作に使うことができます。

(参考)Forbes


【ドラクエウォーク】基本職応援キャンペーン開催中 今週はアイテムプレゼントも

2020/03/07 19:30 ドラクエウォーク

【にじさんじを追う!】ARK、夜勤、スプラ杯など 2月まとめ

2020/03/07 19:30 VTuber 最新ニュース一覧
VR/AR/MR 用語集