デイリーランキング

VR/AR対応スーツ型デバイスが国内展開、Valveが無線VRヘッドセット開発中か ー 週間振り返りVR/AR/MRニュース

業界動向

2020/08/11 08:00

自宅から150年の歴史を見る。KDDIが「バーチャルミュージアム」公開

活用事例

2020/08/11 11:30

VR/AR対応 全身体感のスーツ型デバイス「TESLASUIT」国内取り扱い開始

テック

2020/08/04 18:30

iPad Proで測量時間を短縮、建設・土木現場向けアプリが提供開始

活用事例

2020/08/07 19:30

ARで新たなショッピング体験、サッポロ不動産開発が「バーチャル店舗」

活用事例

2020/08/07 20:00

MoguLive facebook twitter hatena line

VRの「いま」を掘りだすニュースメディア

MoguraVR

Oculus Riftの動作に不可欠なランタイムver0.7リリース

Oculus VRは、8月27日Oculus Riftを動作させるために必要なランタイム、そしてコンテンツの開発に必要なSDKの最新バージョン0.7を公開しました。

ランタイム・SDKはこちらからダウンロードできます。

sdk07-530

変更点についてはこちらの記事でも解説していますが、最も大きな変更は新たにGPUから直接表示する表示モード「Direct Driver Mode」の実装です。

なお、Oculus VR社は今回のバージョンアップに際して以下の注意点をアナウンスしています。インストールの際はご注意ください。

・Direct Driver Modeを使用できるのは、nVIDIA Gameworks VR か AMD LiquidVRに対応しているGPUです。対応していないGPUを使用しているPCでは現行のOculus Direct Modeを使用することになります。外部モニターとして認識するExtended Modeは廃止されます。
 また以下のGPUのドライバーのバージョンが動作要件になります。
 NVIDIA Driver Version 355.83以降
 AMD Catalyst Display Driver Version 15.200.1062.1005以降
・SDKのバージョン0.6以前を使用してビルドされたソフトはランタイム0.7では動作しません。0.6以前のSDKを使ってビルドされたアプリケーションは0.7を使ってビルドし直す必要があります。
・Windows 10を暫定的にサポート。動作にはDirect Driver Modeが必須。動作に不具合等が出る可能性もありますので自己責任で試しましょう。
・32bit版Windowsへの対応終了


【Mogura主催のイベント】
・これでわかる! 産業向けXR導入事例セミナー(8/25)

【Mogura主催のイベント】
・これでわかる! 産業向けXR導入事例セミナー(8/25)

360°パノラマアートのコンテスト「Render the Metaverse」大賞作品

2015/08/28 20:00 イベント情報

時代を先取りした映画たち VR元年以前にVRを描いた映画10選

2015/08/28 20:00 VR動画