デイリーランキング

VR触覚デバイスのexiiiが解散……製造業向け狙うも「牽引力足りず」

業界動向

2020/10/29 18:00

シンガポール発の新VRデバイス「DecaGear」多機能・高解像度で低価格、しかし疑問視する声も

業界動向

2020/10/27 12:01

JVCケンウッドが「現実も見れる新型HMD」を開発中、シミュレーション関連に照準

業界動向

2020/10/29 12:10

サムスンとスタンフォード大、最大10,000ppiの超高解像度有機ELディスプレイ開発

テック

2020/10/28 19:30

ガラス大手のコーニングが提携、次世代ARデバイスに向け一歩

業界動向

2020/10/28 18:30

MoguLive facebook twitter hatena line

VRの「いま」を掘りだすニュースメディア

MoguraVR

クアルコム、スマホでVR/ARデバイスを動作させる計画を発表

モバイル向けの半導体メーカーQualcomm(クアルコム)が、同社の新型モバイル用プロセッサSnapdragon 855を搭載したスマートフォンを、VRヘッドセットやARデバイスのプロセッサとして活用し、動作させるプロジェクトを発表しました。デバイス間の接続には、USB Type-Cを使用するとのことです。

Snapdragon 855とは

Snapdragon 855は、クアルコムが提供する次世代SoC(プロセッサです。前世代のSnapdragon 845で実現された新機能を継承し、性能アップを果たしています。Snapdragon 855のCPU、Kryo 485は、Snapdragon 845のKryo 385と比較して、約45%の性能アップを実現しています。Snapdragon 855のGPU、Adreno 640は、Snapdragon 845のGPU、Adreno 630と比較して20%の描写速度増加を実現します。

様々なVR/AR関連企業が既に参画

Qualcommが今回発表したプロジェクトには、2019年2月26日現在、すでに多くのハードウェアメーカーが参画しています。参画企業には、HTC、PicoなどのメジャーなVRヘッドセットな企業も含まれます。また、スマートフォンメーカーも多岐にわたり、各社ごとに対応ではなく、より広い対応関係になると期待されます。

対応機種や仕様などの詳細は不明

2019年2月26日現在、今回発表されたプロジェクトの詳細は、ほとんど公表されていません。スマートフォンをVRヘッドセットやARデバイスの外部プロセッサとして使用するメリットとしては、プロセッサの外部化による、デバイス本体の軽量化などが考えられます。

スマートフォンの外部プロセッサ化に対応するVRヘッドセットやARデバイスの機種も不明です。米メディアUploadVRは、HTCが2019年1月に発表した新型VRヘッドセットVIVE Cosmosが、この機能に対応した機種である可能性が高いと指摘します。

(参考)UploadVR


KudanとSynopsysが提携 高精度なコンピュータビジョン提供を目指す

2019/02/27 12:04 業界動向

【体験レポ】HoloLens 2は“正統進化”だ——性能は大幅強化、操作性は驚くほど自然に

2019/02/27 12:04 HoloLens