デイリーランキング

NTT東西、通信速度10Gbpsの「フレッツ 光クロス」を4月より提供開始 VR/ARも見据える

業界動向

2020/02/20 17:00

KDDI、新型コロナで中止のイベントをバーチャル開催へ 社長も登壇

業界動向

2020/02/19 16:09

2019年、VRは大きな転換点を迎えた

業界動向

2020/02/17 11:30

Magic Leap社が東京勤務の求人を募集中 国内オフィス開設か

業界動向

2020/02/20 19:00

ソニーとOculus、GDCへの出展をとりやめ コロナウイルスへの懸念で

セミナー・カンファ

2020/02/21 08:39

MoguLive facebook twitter hatena line

VRの「いま」を掘りだすニュースメディア

MoguraVR

もはやアイアンマンの世界、AR機能付きヘルメットが開発中

米企業Hypergiant Industriesは、AR機能付きヘルメットを開発しています。「Project Orion」と名付けられたヘルメットは、視野角200度、5Kの解像度の映像をヘルメット前面に投影します。視界で捉えた映像についてリアルタイムに物体検出を行い、その結果をヘルメット越しに確認することもできる、とのこと。

様々な環境も本ヘルメット1つで対応

このヘルメットは、兵士、消防士、警察や救助隊などが利用することをターゲットとしているとのこと。夜間での暗視モード、サーモグラフィモードなど、その他にも複数の視界のモードを切り替えることが可能となっています。

ヘルメットに映るインターフェースは、手の動きやジェスチャーによって操作する仕様とのこと。ヘルメットには通信機能も設けられており、GPSなどの情報の他に、自身以外の隊員が取得したデータも確認することが出来ます。情報共有を助ける働きもあります。

政府機関と協業しながら開発を進行

「Project Orion」の開発を進めるHypergiant Industriesはテキサスに拠点をおく技術開発企業です。航空宇宙産業や軍需産業に携わっており、元空軍大佐や元宇宙飛行士らを顧問としてかかえています。「Project Orion」については現在、政府機関と協業しながら開発を行っているとのこと。

「Project Orion」は現在はまだプロトタイプではあるものの、協業者らに使用してもらいながらフィードバックを得ている最中とのことで、ソフトウェア・ハードウェアの両面について改良を続けながらも、2020年には生産体制に入ることを目指している模様です。

(参考)Inverse


【スポンサードポスト】
・3Dデータを手軽にVRへ。自動車や住宅などで導入進む「MeshroomVR」
・【特別企画】2Dお絵描き感覚で3Dキャラが作れる「VRoid Studio」講座、第一回を無料掲載!

大型ハリケーンの対策を伝える天気番組 スタジオで猛威を再現

2019/09/02 11:30 話題

【Rift S】注目の新作ゲーム・アプリ(2019年8月版)

2019/09/02 11:30 ゲーム・アプリ
新規CTA

「Insta360 Pro 体験説明会」 Advertisement

VR/AR/MR 用語集