デイリーランキング

「メタバースは8兆ドルの市場」モルガン・スタンレーが語る

メタバース

2021/11/24 11:30

日本のメタバース・XR業界の動向を海外へ発信、英語圏向けオンラインイベント「XR Kaigi mini」が開催

セミナー

2021/11/26 12:00

ナイアンティックが3億ドル調達、ハンドトラッキングのUltraleapにテンセントら出資 ー 週間振り返りVR/AR/MRニュース

業界動向

2021/11/29 08:00

「メタバースは今後3年間が重要」など、世界中からメタバース関連の話題をお届け メタバース通信 vol.10

メタバース

2021/11/22 19:00

世界中からメタバース関連の話題をお届け メタバース通信 vol.11

メタバース

2021/11/25 11:30

MoguLive facebook twitter hatena line

XRの「いま」を掘りだすニュースメディア

MoguraVR

仏スタートアップ開発のロボ「Reachy」VRヘッドセットでの遠隔操作に対応

フランスのスタートアップPollen Roboticsは、同社が開発を進めているロボット「Reachy」が、VRヘッドセットとハンドコントローラーを使用して、操作が可能になったことを発表しました。

「Reachy」は1年前のCES2020で初披露されたオープンソースの人間型ロボットです。R&Dからフードサービスまで、様々な用途に対応しています。公開された映像からは、VALVE INDEX(バルブ・インデックス)とハンドコントローラーの動きに、ロボットの頭部と手の動作が連動する様子などが確認できます。

https://www.youtube.com/watch?v=lRWna6mEMv0

VRヘッドセットと「Reachy」がペアリングした後は、ヘッドセットのディスプレイには、ロボットの内蔵カメラからの映像が表示されるとのこと。いわゆるテレイグジスタンスを実現しています。“遠隔操作メソッド”は、繊細な動きが要求されるタスク向けに「Reachy」を教育する際にも役に立つと、米Engadgetは評しています。

Pollen Roboticsは、VR対応のほかにも、「Reachy」のカメラとプロセッサーがアップグレードしたことも発表しています。なお、「Reachy」は頭、手、胴体などがモジュール化されており、モジュールの組み合わせ3プランが用意されています。用途に応じて組み合わせての購入が想定されているようです。

(参考)Engadget


【注目の記事】
新しい技術であることを言い訳にしない 集英社と共同でXR組織を立ち上げた「THINK AND SENSE」インタビュー

【注目の記事】
新しい技術であることを言い訳にしない 集英社と共同でXR組織を立ち上げた「THINK AND SENSE」インタビュー

Oculus Quest、2月から複数のユーザーで1台のデバイスを使用可能に アプリもシェア

2021/01/15 12:00 Oculus Quest 最新情報

テレ朝「BREAK OUT」でVTuber特集、電子妖精プロジェクト 主題歌制作開始【VTuberデイリーニュース 1/14号】

2021/01/15 12:00 VTuber 最新ニュース一覧