デイリーランキング

アクセンチュアが6万台のVRヘッドセットを導入 新入社員のトレーニングに

業界動向

2021/10/19 20:05

オブジェクトに合わせて変形するVRコントローラー マイクロソフトが試作

テック

2021/10/19 11:30

MRデバイス「Magic Leap 2」が正式発表、HTCの新VRヘッドセット「VIVE Flow」登場 ー 週間振り返りVR/AR/MRニュース

業界動向

2021/10/18 08:00

Appleが3DCGソフト「Blender」開発基金に参加

業界動向

2021/10/19 12:30

「AR×オンラインショッピング」は売上やエンゲージメント時間に効果あり、事例またひとつ

活用事例

2021/10/18 12:35

MoguLive facebook twitter hatena line

XRの「いま」を掘りだすニュースメディア

MoguraVR

PFNが3DCG素材や2Dキャラクター生成システム開発、深層学習活用で

株式会社Preferred Networksは、高精細な3Dモデルやキャラクター2D画像を生成できるデジタル素材生成システムを開発しました。同社は今後本システムを活用、アニメーションや映画、ゲーム、広告等クリエイティブ産業における制作を支援します。

Preferred Networksは2014年に設立。トヨタ自動車やファナック、国立がん研究センターなどの組織と提携し、機械学習・深層学習などの技術を活用、課題解決に取り組んでいます。

高精細な3Dモデルを手軽に生成

今回Preferred Networksが開発した高精細3Dモデル生成システムでは、現実の物体を専用の3Dスキャナーに配置・撮影することで、3Dモデルを自動生成します。物体のサイズや材質の違いにも幅広く対応、小型のアイテムであれば約6時間の撮影作業で当日中に200点以上の3Dモデル化が可能とのこと。

2Dキャラクター画像の自動生成

また、Preferred Networksは2Dキャラクター生成プラットフォームCrypkoのアップデートを発表。Crypkoの技術提供を開始した2019年時点では主にキャラクターの顔が生成対象となっていましたが、上半身を高い精度で生成することが可能となりました(※一般向け公開は2019年3月に終了)。

Crypkoは深層学習のアルゴリズムのひとつであるGAN(Generative Adversarial Network)を活用、2Dキャラクターの自動生成を行います。生成された2Dキャラクター画像の用途は、様々なクリエイティブへの活用のほか、VTuberのデザインとしての起用も考えられるでしょう。

生成技術を活用したMVも公開

Preferred Networks、およびキングレコード株式会社と株式会社ポリゴン・ピクチュアズは、このCrypkoと高精細3Dモデル生成システムを使用した短編動画を制作・公開。MVでフィーチャーされているキャラクターはCrypkoで生成した2Dキャラクターを元にデザインされており、動画中で登場する複数のアイテムが高精細3Dモデル生成システムによるものです。

https://www.youtube.com/watch?v=yFsBAr_D6K4


(動画で使用されたギターの3DCGは、外部クリエイターとの共同作業により品質の向上を図っている)

(参考)プレスリリース


「BEMANI」のVR版!? KONAMI発のバンド演奏ゲームを先行体験

2021/03/10 15:29 ゲーム・アプリ

バーチャル伊勢丹新宿本店がオープン! オンライン接客も予定

2021/03/10 15:29 話題