Home » グーグル傘下の「Job Simulator」開発企業が新作VRゲーム開発を改めて表明


ゲーム・アプリ 2021.07.21

グーグル傘下の「Job Simulator」開発企業が新作VRゲーム開発を改めて表明

「Job Simulator」や「Vacation Simulator」を手掛けるグーグル傘下のVRゲームスタジオOwlchemy Labsは、新作VRゲームの開発を進めていることを改めて表明しました。詳細な情報は今年中(2021年)に公開される模様です。

KYOTO CG ART CONTEST
KYOTO CG ART CONTEST

Owlchemy Labsは、2017年にグーグルに買収された企業です。代表作である「Job Simulator」は、2020年、累計販売本数が100万本を突破したことが報告されています。“新作開発中”の告知は、米メディアRoad to VRの取材に対して行われました。

同スタジオは「Owlchemyは、現在全く新しいゲームに取り組んでおり、我々は皆様に対して、今後数ヶ月のうちに、より詳しい情報をシェアできる日が待ちきれません」とコメントしています。

グーグルは、VR/AR向けの3D素材共有サイト「Poly」の閉鎖や、お絵描きアプリ「Tilt Brush」のオープンソース化など、VRに関する取り組みを縮小しつつあります。今回のOwlchemy Labsの宣言は、グーグルが、VRについて(一部でも)継続していく意図を有している“証拠”とも言えそうです。

Owlchemy Labsは現在、進行中のプロジェクトのサポートを目的とした求人を募集中。開発中の新作が一体どのようなゲームとなるのか。続報を楽しみに待ちたいところです。

(参考)Road to VR

Mogura VRはRoad to VRのパートナーメディアです。


VR/AR/VTuber専門メディア「Mogura」が今注目するキーワード