デイリーランキング

「ホロライブ」のビジョンとこれから――Tokyo XR Startups出身起業家インタビュー(第一回:カバー株式会社CEO 谷郷 元昭氏)

業界動向

2019/08/23 12:00

クラファン大成功のVRMMORPG 開発元にはY Combinatorも出資

投資

2019/08/22 12:00

建築向けVRソフト「SYMMETRY alpha」無料提供が終了 有料版は商用利用が可能に

開発

2019/08/22 11:30

NTTデータがVR会議システムを開発、導入は2020年目指す

業界動向

2019/08/21 18:30

Oculusモバイル部門代表、フェイスブックを去る 一体型ヘッドセット開発の立役者

業界動向

2019/08/22 11:45

MoguLive facebook twitter hatena line

VRの「いま」を掘りだすニュースメディア

MoguraVR

IKINEMAの全身モーキャプ「Orion」がアップデート、品質向上し新システム追加

IKINEMAは、モーションキャプチャーシステム「Orion」を「Orion 2.0」にアップデートしました。「Orion 2.0」では、VR内キャラクターのモーションの品質の強化が行われ、新たなシステム「System Health Tracker」 が追加されています。このアップデートに伴ってライセンスを再購入する必要はありません。

「Orion」は、VR/AR開発スタジオやゲーム開発、アニメーション制作、VTuber(バーチャルユーチューバー)、トレーニングシステム、ソーシャルVRなどに活用されているモーションキャプチャーシステムです。VRヘッドセット「HTC VIVE」およびそのコントローラー、周辺デバイスのVIVEトラッカーを使い、ユーザーの全身の動きを3Dモデルに連動させることができます。

Orion モーションキャプチャー by IKINEMA 国内販売ページ

Orion モーションキャプチャー by IKINEMA 国内販売ページ

MoguraVR

株式会社Moguraでは、Orionを国内向けに販売しています。年間ライセンスでの販売となり、価格は62,400円(税別)です。ノードロックライセンスで、無制限に利用可能でアップデート、アップグレード、メンテナンス込みです。ストアページはこちらです。

「Orion 2.0」の新機能は以下の通りです。

・大きなソルバ品質の改善
・System Health Tracker:モーションの品質をリアルタイムで監視およびレポートし、モーションが悪くなった際には警告メッセージを表示、モーションの品質が回復するまでソルバを停止するオプションを備え、最終的には継続的にスムーズなアニメーション結果を保証します。
・FBXテイクの記録を改善
・ヘッドトラッカー/HMD方向を修正。アニメーションの傾きを削除
・ヒップのオフセット調整–ライブセッション中に曲がった膝を手動で修正


グーグルもARヘッドセット開発中か 特許公開

2019/04/11 12:00 業界動向

VRアイドル「えのぐ」の1周年記念ライブ映像が公開

2019/04/11 12:00 VTuber 最新ニュース一覧