デイリーランキング

リコー、ビジネス向け360度コンテンツサービスのポータル「RICOH360」を公開

ビジネス活用事例

2019/02/15 19:00

XRトレーニングによるコスト削減は年間1.5兆円 多数の企業が取り組む

統計・データ

2019/02/15 12:00

VRで交通事故を体験、安全意識高める 大分県警察ら共同制作

ビジネス活用事例

2019/02/15 11:30

“深度センサー”でスマホはどう変わる? ソニーが描くその未来

テック

2019/02/14 19:00

「2019年のVRが楽しみな理由」Oculus創設メンバーが語る

業界動向

2019/02/13 12:02

MoguLive facebook twitter hatena line

VRの「いま」を掘りだすニュースメディア

MoguraVR

有機ELの供給はサムスン一強から変わるのか? 2020年までの予測

現在、多くのVRヘッドマウントディスプレイのモニターに使用されているのは、有機EL(OLED)です。VR用液晶の登場も見込まれていますが、OLEDはスマートフォン用の供給が大半を占めており、その需給状況が気になるところです。

韓国の調査会社Ubi Researchによる「2017年OLEDスクリーン年間報告」において、スマートフォン向け有機ELディスプレイ市場は2020年時点で約570億ドル(約6.4兆円)に到達することになり、サムスン電子製のディスプレイはその中の72%を占めるという調査結果が発表されました。


中国スマートフォンメーカーの需要などで、2017年のスマートフォン向け有機ELディスプレイ市場は伸びが見込まれます。そのため、サムスンは2016年から有機ELの生産ラインを拡大し、増加し続けるニーズを満たそうとしているとのこと。

同時に、中国と日本のディスプレイメーカー、そして韓国のLGエレクトロニクスも生産ラインを拡大、その中でサムスンは良質な製品と積極的な資金調達を通じ、トップを保つ動きを見せています。他のメーカーが2018年以後に量産できるとしても、依然として70%を超える市場を占めると予測されます。

この他、「2017年OLEDスクリーン年間報告」では、有機EL業界のサプライチェーンにおける変化についても記述されています。主要なスクリーンメーカーと資金調達の最新トレンド、有機ELの応用とディスプレイの量産可能性についての検討、そして2021年の市場と2011年の市場を分析しています。

(参考)
Ubi Research:2020年三星仍将占72%的AMOLED市场
http://news.87870.com/xinwennr-19460.html

http://www.ubiresearch.com/samsung-display-maintains-70-share-of-market-of-amoled-panel-for-smartphones-by-2020/


イベント情報

VR体験施設の検索サイト「taiken.tv」



イベント情報

VR体験施設の検索サイト「taiken.tv」

【体験レポ】VRでゴロ寝してマンガを読んだら、とんでもなく快適だった

2017/02/21 12:00 イベント情報

VRの授業への導入に教師も関心 ドイツで調査

2017/02/21 12:00 ビジネス活用事例