デイリーランキング

エピックゲームズが「メタバース構築」へ10億ドルを調達 ソニーも再度出資

投資

2021/04/14 11:31

NVIDIA、クラウドで描画処理を行うXRコンテンツ配信サービス「CloudXR」を提供開始

業界動向

2021/04/13 12:00

VR・ARデバイス向け新技術 「ピントの合う」さらにリアルな体験へ

テック

2021/04/12 11:57

注目続くVRライブ、米企業が約10億円調達

投資

2021/04/13 18:37

NVIDIA、新型GPU「NVIDIA RTX A5000」「RTX A4000」4月後半に発売

テック

2021/04/14 18:00

MoguLive facebook twitter hatena line

VRの「いま」を掘りだすニュースメディア

MoguraVR

離島・僻地の医療格差改善を 長崎大学らがHoloLens 2活用の遠隔医療システム開発

日本マイクロソフト株式会社は長崎大学らと連携し、MR(Mixed Reality)を活用した遠隔医療システム「NURAS(ニューラス)」を開発しました。本システムではマイクロソフトのMRデバイス「HoloLens 2」およびセンサーカメラ「Azure Kinect DK」を活用。長崎大学病院と五島中央病院をオンラインでつなぎ、遠隔医療の実証実験を開始します。

長崎県は離島が多く、都市部との医療格差などが問題となっていました。日本マイクロソフトは長崎大学、長崎県五島中央病院、長崎県および長崎県五島市と連携、実証実験に乗り出します。

僻地や島嶼部にも遠隔で医療サービスを提供

「NURAS」はリウマチ専門医による遠隔医療を、僻地や島嶼部などの遠隔地にいる患者に、これまでよりも高精度で提供するシステムです。従来のWEB会議システム等ではなく、マイクロソフトの「Azure Kinect DK」を3つ患者の前に設置し、遠隔地にいる医師が「HoloLens 2」を使用、「Microsoft Teams」を通してビデオ会議を行うことで、病変部位を3Dでリアルタイムに観察・評価できます。

今後は様々なケースでの応用も

現在の「NURAS」システムは関節リウマチ患者向けを想定していますが、その他の神経疾患や運動器疾患などにも応用可能です。また、ネットワーク接続が可能な場所であればあらゆる地域と専門医を結びつけることができるため、医療従事者の働き方改革にも一石を投じる可能性があるでしょう。

https://www.youtube.com/watch?v=C5C2sbjrypo

(参考)日本マイクロソフト


【Mogura主催のイベント】
・実際に開催してわかったオンライン・バーチャルイベントの運営ノウハウ・動向を語る! オンラインセミナー開催(4/21)  

Oculus Quest 2に120Hzモードが実装か、予定は2021年3月

2021/03/03 19:02 Oculus Quest 最新情報

【かわいい】バーチャルモデルと癒やし系キャラのコラボ動画が公開

2021/03/03 19:02 話題