デイリーランキング

AR/VR・メタバース分野に日本企業が存在感を発揮するには?政投銀がレポートを公開

業界動向

2021/12/02 12:30

遊園地のバンパーカー×VRアトラクション、好調でグローバル展開

業界動向

2021/12/02 12:00

HoloLens 2を活用した印刷機をリモートで保守 日本HPがサービス開始

活用事例

2021/12/03 11:30

屋内ARナビゲーションのDent Reality、約3.8億円の資金調達

投資

2021/12/03 12:00

世界中からメタバース関連の話題をお届け メタバース通信 vol.12

メタバース

2021/12/01 11:44

MoguLive facebook twitter hatena line

XRの「いま」を掘りだすニュースメディア

MoguraVR

高精細3DモデルをVRデバイス単体で表示、NTTドコモらが実証実験に成功

株式会社NTTドコモは、大容量の建築3DモデルをVRヘッドセットへストリーミング配信する「リモートレンダリング」の実証実験に成功したことを発表しました。5Gや「ドコモオープンイノベーションクラウド」を活用することで、高精細な3Dモデルをデバイス単体で閲覧できたとのこと。

本実証実験はエヌビディア合同会社、ヴイエムウェア株式会社、株式会社x gardenと共同で実施。今後ドコモはXR(VR/AR/MR)技術を使用したリモートレンダリング技術の商用化を目指し、技術検証などを進める、としています。

デバイス単体で高精細3Dモデルを表示可能に

実証実験では、建造物の3Dモデルを「ドコモオープンイノベーションクラウド」上でレンダリングし、複数台のVRヘッドセット「Oculus Quest 2」にストリーミング配信をして表示させました。

本技術は「ドコモオープンイノベーションクラウド」のほか、NVIDIAのクラウド上での処理速度が向上するサービスやXRコンテンツを配信できる「CloudXR」などを活用。これらを活用することで、レンダリングをする際のワークステーションの代わりとし、VRデバイス単体で高精細の3Dモデルを表示できるようにしています。今回の技術は、服飾やキャラクターなどデザイン、製造現場でのCADデザイン、映像シーンデザイン、ゲームなどでの活用が期待されています。

なお、ドコモらの取り組み内容は、2021年6月16日より開催されるNVIDIAのオンラインイベント「NVIDIA AI DAYS」にて詳細が発表される予定です。

(参考)株式会社NTTドコモ


【注目の記事】
新しい技術であることを言い訳にしない 集英社と共同でXR組織を立ち上げた「THINK AND SENSE」インタビュー

【注目の記事】
新しい技術であることを言い訳にしない 集英社と共同でXR組織を立ち上げた「THINK AND SENSE」インタビュー

小嶋陽菜がCMに出演中の360度カメラ「IQUI(イクイ)」って?

2021/06/17 12:00 VR用カメラ

HTC VIVE「VTuberキャンペーン」開催 対象製品購入でVIVEトラッカー3個無料に

2021/06/17 12:00 HTC VIVE シリーズ 最新情報