デイリーランキング

フェイスブックが「Oculus Quest 2」10月発売、スマートグラスも2021年にリリース ー 週間振り返りVR/AR/MRニュース

業界動向

2020/09/23 08:00

「Oculus Quest 2」製品版先行レビュー。性能とコスパからFacebookの本気を感じろ!

テック

2020/09/17 02:33

8年ぶりの新型Leap Motion VR/ARデバイスに組み込めるモジュール発売

テック

2020/09/21 11:30

フェイスブック、可変焦点技術のLemnis Technologiesを買収か?

業界動向

2020/09/23 13:00

8K対応360度カメラの新型は法人版「QooCam 8K Enterprise」9月末発売

業界動向

2020/09/23 11:30

MoguLive facebook twitter hatena line

VRの「いま」を掘りだすニュースメディア

MoguraVR

ラスベガスに集まるVR体験施設 新たな施設がオープンへ

カルフォルニアのVRスタートアップNomadicが、今年後半にラスベガスにVRセンターをオープン予定です。

Nomadicの二つ目となるVRセンターはエリア15の一部として展開されます。エリア15はラスベガスの新しいエンターテイメント複合施設です。

同社はロケーションベースのVRセンターをモールや映画館に提供します。体験者はドアや壁、物理的に触ることができる小道具を備えた専用のステージを自由に探索できます。
ラスベガスでは、6,000平方フィートのスペースを使い、2つのステージが設置されます。

Nomadicは昨年、フロリダ州オーランドに最初の商業拠点をオープンしました。同社はこのスペースを利用して、VRゲーム「Arizona Sunshine」をベースとした複数のエクスペリエンスを展開しており、VrwerxとParamountと共同で「ミッション・インポッシブル」のVRコンテンツを開始することも発表しました。

NomadicのCEOのDoug Griffin氏は「他の革新的なアクティビティと組み合わせるために、次の場所としてラスベガスを選びました。この街の住人と観光客は、これらのすばらしいアドベンチャーを楽しむでしょう。」と述べています。

また、エリア15のCEOのWinston Fisher氏は、「屋外の完全没入型のVRエンターテイメントにおける次世代のリーダーになるというNomadicのビジョンは、ユニークなエンターテインメントおよび小売店、アーティスト、そして最高クラスのライブイベントを集めるエリア15にぴったりです。」とコメントしています。

Nomadicの新しい拠点の追加もあり、ラスベガスはロケーションベースのVRセンターのハブとなりつつあります。The Voidは、1年前に最初のVRセンターを作り、PlatformaVRとZero Latencyも同様にラスベガスで独自のロケーションベースのVRエクスペリエンスを展開しています。

(参考記事)Variety


ときのそらのバースデーイベント、本日20時からclusterにて開催 第1部は無料で参加可能

2019/05/16 18:00 VTuber 最新ニュース一覧

サンリオの人気キャラ「ポムポムプリン」、VTuber因幡はねる風の衣装を公開!?

2019/05/16 18:00 VTuber 最新ニュース一覧