デイリーランキング

話題の裸眼立体視ディスプレイ「Looking Glass」日本上陸へ

開発

2019/02/18 20:33

カヤック、2018年決算を発表 「VR SPARC」への投資継続

業界動向

2019/02/18 17:35

Oculus創設メンバーが語る「2019年のVRが楽しみな理由」、HoloLens 2の予告動画が公開か – 週間振り返りVR/AR/MRニュース

業界動向

2019/02/18 08:00

“深度センサー”でスマホはどう変わる? ソニーが描くその未来

テック

2019/02/14 19:00

「2019年のVRが楽しみな理由」Oculus創設メンバーが語る

業界動向

2019/02/13 12:02

MoguLive facebook twitter hatena line

VRの「いま」を掘りだすニュースメディア

MoguraVR

日販、書店の販促にAR活用 来店者が楽しめる企画を

現実にデジタル情報を重ねて表示するAR技術は、スマートフォンやタブレットで手軽に楽しむことができます。この技術はエンターテインメントだけでなく、販促などにも活用がされています。

大手出版社の日本出版販売は、同社が実施するコミック販促企画にARを取り入れた無料冊子を12月上旬より全国450店舗の書店で取り扱いの開始をしています。今回の取り組みは書店の販売促進を目的として行われます。

本取り組みは、対象書店へ来店した人が無料で持ち帰ることができるコミックガイドブック「B+LIBRARY vol.3」の表紙に、ARアプリ『COCOAR2』(iOS/Android)を起動してかざすと、指定のコミックの一部を試し読みできるというものです。

ARアプリ『COCOAR2』は、アプリ経由で任意のARを認識するマーカーを読み込むことで、オリジナルコンテンツを表示させることが可能です。また、ARマーカーとGPS機能を連携させたことで、観光地や商業施設といった実地におけるイベントへの誘致などとしても活用が可能とのこと。栃木県・那須町では同アプリを用いて「地域の魅力」を発信しています。

今回の取り組みでは、対象書店に来店してガイドブックを手に取らないと限定ARコンテンツを閲覧することができないという特別感で、書店への来店を促す狙いとのことです。

(参考)
書店の販促にAR活用!出版取次大手、日本出版販売(日販)がARアプリ「COCOAR2」を採用 / PR TIMES
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000029.000016877.html


イベント情報

VR体験施設の検索サイト「taiken.tv」



イベント情報

VR体験施設の検索サイト「taiken.tv」

目指したのは「“人”感」 ECサイトのユーザー行動をVRで可視化

2017/12/12 12:00 ビジネス活用事例

大東建託、営業にHoloLens活用 建設完成イメージを実物大で3D表示

2017/12/12 12:00 ビジネス活用事例