デイリーランキング

VR/AR両用ヘッドセットのLYNX、200万ドルを調達。発売は2020年夏

投資

2020/02/25 12:15

KDDI、新型コロナでイベントをバーチャル開催 2020年のXR産業14社が語る展望 ー 週間振り返りVR/AR/MRニュース

業界動向

2020/02/25 12:00

3Dデータ可視化ソリューション「mixpace」HoloLens 2版が発売

業界動向

2020/02/25 19:30

VRでプレゼン動画収録、VIVE Focus Plus向けアプリが発売

活用事例

2020/02/25 19:01

KDDI、新型コロナで中止のイベントをバーチャル開催へ 社長も登壇

業界動向

2020/02/19 16:09

MoguLive facebook twitter hatena line

VRの「いま」を掘りだすニュースメディア

MoguraVR

「ポケモンGO」のナイアンティック、日本に開発チーム設立 世界に向け新サービス目指す

人気ゲーム「ポケモンGO」を開発したNiantic(ナイアンティック)は、日本法人に開発チーム「Tokyo Studio」を設立する旨を発表しました。世界に向けて新しいサービスの開発を行います。

「グローバルでひとつのチーム」の考え

米国サンフランシスコに本社を持つナイアンティックは、「歩いて冒険しよう (Adventures on foot) 」を企業ミッションに掲げています。AR技術と地図情報データをベースに、「Ingress」や「ポケモンGO」など、地球全体を舞台にした「外に出る」ゲームを開発、提供しています。

同社は、2015年にGoogleから独立した米国の企業です。しかし「グローバルでひとつのチーム」という考えのもと、日本人や日本に関係するメンバーがマネジメントチームにも存在しています。また、サービスやビジネスの判断においても、日本からの視点や意見も重要視されます。大ヒットした「ポケモンGO」も、日本人の川島優志氏と、グーグルからナイアンティックに移籍した野村達雄氏が開発を手掛けました。

『ポケモンGO』が出来るまで Niantic川島氏・野村氏がARに託した思い【CEDEC2017】 | Mogura VR

『ポケモンGO』が出来るまで Niantic川島氏・野村氏がARに託した思い【CEDEC2017】 | Mogura VR

MoguraVR

日本における開発者とユーザーの存在が背景

今回、日本を含む、世界各地のユーザーに向けたサービスの開発を目的に、日本に開発チーム「Tokyo Studio」を設立することとなりました。日本に開発チームを持つに至った経緯として、同社は大きく2点の理由を挙げています。

まず、日本に優れた開発者が多く存在していることです。技術的なレベルはもちろんのこと、ゲームやポップカルチャーをはじめとする、ユニークな文化を持つ日本という市場にも注目しています。このような市場を背景に持つ開発者がナイアンティックに増えることで、より面白いものが生まれると考えている、と語っています。

次に、日本にナイアンティックのゲームを楽しむ多くのユーザーが存在していることです。「Ingress」「ポケモンGO」ともに、日本は最も大きな市場のひとつです。ナイアンティックは重要なユーザーのそばに開発チームを置くことが、同社にとっても、将来的にはゲームプレイヤーにとってもメリットになると考えているとのことです。

Tokyo Studioのメンバー募集については随時公開予定です。

https://www.youtube.com/watch?v=lVnwYkcscmI

日本に開発拠点を持つということは、ナイアンティックにとって日本市場への投資でもあります。同社はTokyo Studioから、日本でも世界でも楽しめる新しいサービスを一日も早くリリースできるよう、努力を続けるとしています。

(参考)Niantic


無料の3Dキャラ作成ツール「VRoid Studio」β版提供開始 一般公開は8月3日から

2018/07/31 17:00 話題

東雲めぐの公式ファンクラブが設立、アプリや絵本制作、ボカロPによる楽曲提供も

2018/07/31 17:00 VTuber 最新ニュース一覧
新規CTA

「Insta360 Pro 体験説明会」 Advertisement

VR/AR/MR 用語集