デイリーランキング

ARをどう操作する?“指で挟む”コントローラーが登場

テック

2019/12/08 12:30

OculusのVR造形ツール「Medium」Adobeファミリーへ

業界動向

2019/12/08 11:30

超高解像VR/ARヘッドセット「XR-1」、開発版が国内販売開始

業界動向

2019/12/06 19:32

ハンドトラッキング搭載の超高解像度VRデバイス「VR-2 Pro」国内販売開始

業界動向

2019/12/06 18:30

【体験レポ・解説】QuestとPCを繋ぐ「Oculus Link」驚くほど違和感なし

Oculus Quest

2019/09/30 11:30

MoguLive facebook twitter hatena line

VRの「いま」を掘りだすニュースメディア

MoguraVR

NASAが探査機打ち上げにHoloLens活用、土星の衛星・タイタンへ

NASA(アメリカ航空宇宙局)は、土星最大の衛星「タイタン」の探査を計画しています。このプロジェクト遂行において、ARやVRといった技術が大きな役割を果たしています。本プロジェクトでは、マイクロソフトの「HoloLens」が採用されているようです。
 

探査機打ち上げ計画をAR/VRで

タイタンは、濃い大気や液体といった地球と似た特徴を持ち、生命体の存在が期待される衛星です。今回送り込まれる探査機は「Dragonfly」。Dragonflyのタイタンでの任務をシミュレーションするために、APLのチームはAR/VRを用いています。公開された動画からは、マイクロソフトのHoloLensを使う様子が確認されます。

https://www.youtube.com/watch?v=jTZ96uHGDEw

任務遂行にもHoloLens活用

HoloLensの活用は、プロジェクトの計画段階にとどまりません。Dragonflyが着陸した後も、APLのチームはタイタンで行う様々なミッションの策定に、このMRデバイスを用います。

Dragonflyの打ち上げは2025年以降を予定し、タイタンへの到達は最短で2034年となる見通しです。

NASAのXR活用事例

NASAはこれまでにも宇宙探査機開発にHololensを用いた技術を導入した他、宇宙飛行士育成プログラムにもVRを活用しています。

NASA、宇宙探査機開発にHololensを用いた技術を導入

NASA、宇宙探査機開発にHololensを用いた技術を導入

MoguraVR

「ハイブリッド・リアリティ」によるNASAの宇宙飛行士育成プログラム。VRで宇宙の作業環境を再現。

「ハイブリッド・リアリティ」によるNASAの宇宙飛行士育成プログラム。VRで宇宙の作業環境を再現。

MoguraVR

(参考)Next Reality



【Mogura VR 主催のイベント】
・【申込は12月9日まで】比べてわかる、試してわかるVR/ARデバイス・モーキャプ体験会 @東京

【Sponsored Post】
・藤井直敬の「現実を科学する」 第三回:“新しい現実”と向き合うには?
・「直感×アルゴリズム♪」が5Gで見せた世界とは?
・さながら“どこでもドア”? KDDIが「かぶらないVR」に取り組むワケ
・今までにない価値を作り続けたい――異色のテック×クリエイティブ集団の仕掛け人に訊く

【PSVR】VR脱出ADV「Last Labyrinth」試遊版が7月15日の「PlayStation祭」に出展!

2019/07/04 12:20 PlayStation VR(PSVR)

KMNZ、1stアルバム制作に向けてのクラウドファンディングが初日で目標金額500万円を突破

2019/07/04 12:20 VTuber 最新ニュース一覧

「Insta360 Pro 体験説明会」 Advertisement

VR/AR/MR 用語集