デイリーランキング

HTC、ビジネス向けVRプラットフォーム「Vive SynC」ベータ版を無償提供

業界動向

2020/05/22 17:00

コロナ禍でVR×エンタメはどうなる? オンラインイベントが5月29日開催

セミナー・カンファ

2020/05/18 19:00

Oculusのロイヤリティ負担プログラム、UE5でも継続へ

開発

2020/05/22 12:00

Magic Leapが約380億円の調達に成功。大規模レイオフ中止に

投資

2020/05/22 16:30

SLAM技術のKudanが50億円調達、M&Aや研究開発推進へ

投資

2020/05/22 16:35

MoguLive facebook twitter hatena line

VRの「いま」を掘りだすニュースメディア

MoguraVR

NASAが探査機打ち上げにHoloLens活用、土星の衛星・タイタンへ

NASA(アメリカ航空宇宙局)は、土星最大の衛星「タイタン」の探査を計画しています。このプロジェクト遂行において、ARやVRといった技術が大きな役割を果たしています。本プロジェクトでは、マイクロソフトの「HoloLens」が採用されているようです。
 

探査機打ち上げ計画をAR/VRで

タイタンは、濃い大気や液体といった地球と似た特徴を持ち、生命体の存在が期待される衛星です。今回送り込まれる探査機は「Dragonfly」。Dragonflyのタイタンでの任務をシミュレーションするために、APLのチームはAR/VRを用いています。公開された動画からは、マイクロソフトのHoloLensを使う様子が確認されます。

https://www.youtube.com/watch?v=jTZ96uHGDEw

任務遂行にもHoloLens活用

HoloLensの活用は、プロジェクトの計画段階にとどまりません。Dragonflyが着陸した後も、APLのチームはタイタンで行う様々なミッションの策定に、このMRデバイスを用います。

Dragonflyの打ち上げは2025年以降を予定し、タイタンへの到達は最短で2034年となる見通しです。

NASAのXR活用事例

NASAはこれまでにも宇宙探査機開発にHololensを用いた技術を導入した他、宇宙飛行士育成プログラムにもVRを活用しています。

NASA、宇宙探査機開発にHololensを用いた技術を導入 | Mogura VR

NASA、宇宙探査機開発にHololensを用いた技術を導入 | Mogura VR

MoguraVR

「ハイブリッド・リアリティ」によるNASAの宇宙飛行士育成プログラム。VRで宇宙の作業環境を再現。 | Mogura VR

「ハイブリッド・リアリティ」によるNASAの宇宙飛行士育成プログラム。VRで宇宙の作業環境を再現。 | Mogura VR

MoguraVR

(参考)Next Reality



【Mogura主催のイベント】
・コロナ禍でVR×エンタメはどうなる? 業界キーパーソンが語る (5/29)

【PR】
・新オープン!VTuberグッズストア「MoguMall」、VTuber5組の新作品を発売!


【Mogura主催のイベント】
・コロナ禍でVR×エンタメはどうなる? 業界キーパーソンが語る (5/29)

【PR】
・新オープン!VTuberグッズストア「MoguMall」、VTuber5組の新作品を発売!


【PSVR】VR脱出ADV「Last Labyrinth」試遊版が7月15日の「PlayStation祭」に出展!

2019/07/04 12:20 PlayStation VR(PSVR)最新情報

KMNZ、1stアルバム制作に向けてのクラウドファンディングが初日で目標金額500万円を突破

2019/07/04 12:20 VTuber 最新ニュース一覧
(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});
VR/AR/MR 用語集