デイリーランキング

立体的に覗き込める「デジタル水槽」、環境省の施設に導入 「Looking Glass」を活用

活用事例

2020/07/13 19:05

Magic Leapの新CEOは現マイクロソフト役員、 SteamのVRデバイス利用状況調査が公開 ー 週間振り返りVR/AR/MRニュース

業界動向

2020/07/13 08:00

ARグラス関連か? アップルのサプライヤーが「半透過型レンズ」試作中

業界動向

2020/07/13 11:30

VRフィットネス「BOXVR」開発元が750万ドル調達 新製品開発を加速

投資

2020/07/13 12:00

【2020年最新版】「VR」ってなに? ARとの違いや仕組みも徹底解説

テック

2020/07/12 19:00

MoguLive facebook twitter hatena line

VRの「いま」を掘りだすニュースメディア

MoguraVR

HoloLens向けの3Dデータ可視化ソリューション、iPad対応版が提供開始

SB C&S株式会社株式会社ホロラボは、3DCADやBIMで作成した設計データを自動でAR/MRに変換する製造業・建設業向け可視化ソリューション「mixpace(ミクスペース)」のiPad対応版を12月3日から提供開始します。これまで本ソリューションはMRデバイスのみの対応でしたが、今回新たにiPadに対応しました。

「mixpace」は、3DCADやBIMで作成した3Dデータを自動でAR/MRに変換することができる製造業・建設業向け可視化ソリューションです。現実空間に3Dオブジェクトを重ね合わせて、レビューや検証、デモなどの用途で活用できます。

主に設計、製造、建設、配置シミュレーション、施工、保守などの各シーンにおいて、リアルスケールおよびデジタルモックアップでの活用が行えます。これまで手作業で何日もかかっていたAR/MR変換作業が、最短約10分で自動的に完了するとのことで、作業時間の大幅な短縮が見込まれています。

なお、今回のiPad対応版のリリースに伴い、価格据え置きのまま従来の契約で利用できるユーザー数を5ユーザーから10ユーザーに変更されています。

(参考)株式会社ホロラボ プレスリリース


VRアクティビティで「太鼓の達人」「パックマン」グッズ&フード登場!

2019/11/20 19:30 VR体験施設

「Vader Immortal」最終EP予告編が公開、全エピソード同梱バンドルも

2019/11/20 19:30 ゲーム・アプリ