デイリーランキング

マイクロソフトが米ゲーム大手を7.8兆円で買収、Unityと現代自動車が提携 ー 週間振り返りVR/AR/MRニュース

業界動向

2022/01/24 08:00

地球を飛び回れる『Google Earth VR』ストリートビューが対応

テック

2017/09/15 19:30

「Quest 2は長い間、展開することになる」改めて明らかに

業界動向

2021/12/29 19:30

日産が技能トレーニングに「HoloLens 2」活用、次世代のクルマづくりを加速

活用事例

2022/01/21 12:00

世界中からメタバース関連の話題をお届け メタバース通信 vol.23

メタバース

2022/01/25 11:30 New

MoguLive facebook twitter hatena line

XRの「いま」を掘りだすニュースメディア

MoguraVR

三井不動産、ARコンテンツのアイディアを賞金付きで募集開始。日本橋を舞台にプロアマ問わず

12月14日、三井不動産株式会社は、日本橋の街に実装したいARのアイディアの一般募集を開始しました。同社が創立80周年を機に推進している「未来特区プロジェクト」の文化領域を担う「クリエイター特区」における募集で、採用された作品には100万円の賞金が贈られます。

応募に必要なのは企画書のみ、AR技術はAR三兄弟が担当

「クリエイター特区」は、文化の源泉ともいえるクリエイターの想像力・創造力を活かし、新たな場作り・事業創造を目指す取り組みです。本プロジェクトでは、”リアル”、”デジタル”、さらにAR技術を用いて双方を組み合わせた”デジタルオンリアル”の3つの「場」を展開します。

今回募集が開始された”デジタルオンリアル”では、募集した展示作品のアイデアに、川田十夢氏(AR三兄弟)のAR技術を掛け合わせることで、日本橋の街を新たな展示空間とします。本プロジェクトの応募に必要なのはアイディアのみで、AR技術は不要。プロ、アマ、年齢、ジャンルを問わず応募が可能です。採択された作品には100万円の賞金が贈られます。

応募締め切りは2022年2月15日まで、応募はこちらから。

「未来特区プロジェクト ―クリエイター特区― 」概要

募集内容

「こんなことが日本橋という街にARで実現したら面白い!ワクワクする!」というアイディア

展示期間

2022年5月下旬~6月下旬(予定)

展示場所

① 仲通り
② 福徳の森

採択アイデア数

2点

賞金

採択アイデア1点につき賞金100万円

審査基準

① 独創性
② コンセプトとの親和性

応募期間

2021年12月14日~2022年2月15日 23:59

応募フォーム

https://www.miraitokku.com/creator/form

東京ビエンナーレで「進撃の巨人」のARアートが都内に出現! | Mogura VR

東京ビエンナーレで「進撃の巨人」のARアートが都内に出現! | Mogura VR

MoguraVR

公園や実店舗をバーチャル空間に再現、三井不動産らが共同実験を開始 | Mogura VR

公園や実店舗をバーチャル空間に再現、三井不動産らが共同実験を開始 | Mogura VR

MoguraVR

(参考)プレスリリース


【注目の記事】
・殴って殴って殴りまくるVRリズムアクション「Blast Beat」発売! 1月21日まで20%オフ

Questのハンドトラッキングが「OpenXR」に正式対応

2021/12/15 19:00 開発

女子プロレスのリングアナウンサーに新人のVTuberが抜擢 その理由は?

2021/12/15 19:00 VTuber 最新ニュース一覧
VR/AR/MR 用語集