デイリーランキング

アップルがMRヘッドセットやARグラス向けと思われる特許を取得。メガネ無しでの体験を可能に?

テック

2022/01/18 18:00

AmazeVR、約17億円を調達。春にはVRコンサートを開催予定

投資

2022/01/18 11:32

「セカンドライフ」のLinden Labに創設者が復帰、メタバース分野での成長狙う

業界動向

2022/01/18 19:45

「docomo Open House’22」でみた6G時代の「テレイグジステンス」と「メタバース」

業界動向

2022/01/18 19:00

XR/メタバースの海外最新動向を語る「CES2022報告会」、1月19日にオンライン開催

セミナー

2022/01/13 17:00

MoguLive facebook twitter hatena line

XRの「いま」を掘りだすニュースメディア

MoguraVR

NASA、PlayStation VRを宇宙空間でのロボット操作に活用するシミュレーションを作成

NASA(アメリカ航空宇宙局)とソニーは宇宙空間におけるロボットアームの操作にPlayStation VRを使用していることが明らかになりました。PlayStation VRは、PS4向けのVRヘッドマウントディスプレイです。

image201512151913311

人間に近い形をし、動きをするヒューマノイド・ロボットは、宇宙空間での作業などに使用する目的で作られています。NASAはこうしたロボットの動きをいかに人間らしくするかを追求してきました。その一つである「Robonaut 2」をコントロールする方法として、VRを活用しています。従来よりコラボしていたソニー(PS Moveコントローラーなどを開発したRichard Marks氏率いるSCEA Magic Lab)とNASAが開発したPlayStation VR向け技術デモ「Mighty Morphenaut」は、遠隔操作でオペレーターの動きをPS Moveを通して伝えロボットを動かします。

https://www.youtube.com/watch?v=mrpHJ5Qya90

今回の技術でもはまだシミュレーションです。通信などで生じるタイムラグを表示するような機能を搭載しています。しかし、まだ解決すべき点も多く、実際に浮遊して動いている物を掴んだりするようなインタラクションはまだ難があるとのこと。

NASAは、宇宙探査に活用するため、他にもOculsu RiftやVirtux Omni、HoloLensといった様々なVR/ARデバイスの活用可能性を研究しています。

(参考)
Road to VR / NASA Looks to PlayStation VR to Solve Key Challenge of Space Robot Operation
http://www.roadtovr.com/nasa-sony-playstation-vr-remote-robot-operator-training/


【注目の記事】
・XR/メタバースの海外最新動向を語る「CES2022報告会」がオンラインで無料開催、1月19日
・殴って殴って殴りまくるVRリズムアクション「Blast Beat」発売! 1月21日まで20%オフ

ハリウッドのデジタル・ドメイン、VRコンテンツ制作のImmersive Mediaを3,900万ドルで買収

2015/12/15 19:30 活用事例

Crytek、Oculus Rift専用タイトル『The Climb』を発表。断崖絶壁を登るアクションゲーム

2015/12/15 19:30 ゲーム・アプリ
VR/AR/MR 用語集