デイリーランキング

スマホ1台で収録や配信 法人が使えるVTuberアプリが提供開始

業界動向

2020/02/21 15:40

NTT東西、通信速度10Gbpsの「フレッツ 光クロス」を4月より提供開始 VR/ARも見据える

業界動向

2020/02/20 17:00

バーチャルツアーで文化財の魅力伝える、京都文化博物館を3Dスキャン

活用事例

2020/02/21 18:00

2019年、VRは大きな転換点を迎えた

業界動向

2020/02/17 11:30

KDDI、新型コロナで中止のイベントをバーチャル開催へ 社長も登壇

業界動向

2020/02/19 16:09

MoguLive facebook twitter hatena line

VRの「いま」を掘りだすニュースメディア

MoguraVR

マイクロソフト、ビジネスツールのVR化を計画 VRにワークプレイスを拡張

マイクロソフトが提供する「Sharepoint」は、ファイルや情報を共有するビジネス向けのサービスです。DropboxやSlackといった他のサービスに対抗するため、2年前にも改良が行われました。

そして今回、マイクロソフトはWindows Mixed Reality(Windows MR)ヘッドセットとこのサービスを組み合わせ、SharepointをVR空間に持ち込む計画をしています。

教育研修や製品開発に活用

Sharepointは企業でドキュメントを編集したり、イントラネットを構築したり、組織内で情報を共有したりするために使用されています。現在約40万の組織がこのサービスを利用しているといいます。

新しいSharepointのワークスペースは、データを扱い、可視化するために没入感のある環境となっています。ちょうどVRアプリで見られるようなデザインです。マイクロソフトはSharepointをVR空間に持ち込めば、企業などが新規採用者の教育や製品開発に活用できると考えています。

例えば遠隔地にいる従業員を機械の操作に慣れさせる研修を行うことや、製品のプロトタイプをMRヘッドセットを使って表示し開発に役立てるといった用途です。

https://www.youtube.com/watch?v=KD5ZgYdA8f4

現在、世界に1億3,500万人いると言われるマイクロソフトOffice 365のユーザーがSharepointを利用しています。このスケールメリットを活かせば、ビジネスでのVR利用コストを下げられると期待できます。

実証実験の側面も?

SharepointのVR版が広く利用されるかは、まだ分かりません。どちらかと言えばWindows MRヘッドセットを使い、ビジネス用アプリの利用方法を調査するための実証実験のようにも思えます。

マイクロソフトは現在、Sharepointワークスペースの特別プレビュー版を公開しています。今後、Office 365の全ユーザーへ新サービスをリリース予定です。

(参考)The Verge


【スポンサードポスト】
・3Dデータを手軽にVRへ。自動車や住宅などで導入進む「MeshroomVR」
・【特別企画】2Dお絵描き感覚で3Dキャラが作れる「VRoid Studio」講座、第一回を無料掲載!

大分放送、観光地や食などの魅力を360度動画で

2018/05/23 15:05 VR動画

グーグルとLG、高解像度有機ELの論文公開 人の眼に近いVRへ

2018/05/23 15:05 テック
新規CTA

「Insta360 Pro 体験説明会」 Advertisement

VR/AR/MR 用語集