デイリーランキング

HTC、ビジネス向けVRプラットフォーム「Vive SynC」ベータ版を無償提供

業界動向

2020/05/22 17:00

コロナ禍でVR×エンタメはどうなる? オンラインイベントが5月29日開催

セミナー・カンファ

2020/05/18 19:00

Oculusのロイヤリティ負担プログラム、UE5でも継続へ

開発

2020/05/22 12:00

Magic Leapが約380億円の調達に成功。大規模レイオフ中止に

投資

2020/05/22 16:30

SLAM技術のKudanが50億円調達、M&Aや研究開発推進へ

投資

2020/05/22 16:35

MoguLive facebook twitter hatena line

VRの「いま」を掘りだすニュースメディア

MoguraVR

Matterport、世界最大級の“空間”ライブラリを公開

現実の空間をVR空間に収め、約30万ヶ所もの“空間”を所蔵してきたMatterportが、その膨大なコンテンツを誰でも鑑賞できるものとして公開しました。

Matterport

30万種類ものVR空間体験を無料で

Matterportは、現実世界の空間を写真を使ってVR空間に再現する技術を研究しています。

それらの制作物は2015年4月から公開されているGear VR用のアプリ「Matterport VR」にて体験することができ、今までに約30万もの現実空間をVRに収めてきました。

同アプリはAndroid向けにもリリースされ、Google Cardboardを用いて楽しむことができます。

そして今、その膨大な量の3Dコンテンツが誰でも利用可能なものとして公開されました。

Matterportはプレスリリースで、以下のように述べています。

「2016年内に収録された全てのコンテンツは、Matterportの提供するCoreVRを通して無料で体験することができます。また、2017年以降に作られたものは、一つ19ドルで利用することができるようなります。

CoreVRを用いることで、ユーザーは手軽にWebとVR体験を行き来しながらコンテンツを楽しむことができます」

Matterport

3D空間を手軽にVRへ変換

「CoreVRでは、簡単にVR空間を鑑賞できるだけでなく、誰でも好きな空間をVR化することができます」と、MatterportのCEOであるBill Brown氏は述べます。

CoreVRは、4500ドルの「Matterport Pro 3D Camera」で既に撮影済みの3D空間データを、ほとんど自動でVR用にコンバートすることができるツールです。

Matterport Pro 3D Cameraではスマートフォン程度の操作で簡単に現実の空間をデータ化することが可能です。

Matterport

(参考)
Road to VR / Matterport Creates the “World’s Largest Library” of Real-World VR Places(英語)
http://www.roadtovr.com/matterport-creates-the-worlds-largest-library-of-real-world-vr-places/

Matterport / VIRTUAL REALITY – Introducing CoreVR(英語)
https://matterport.com/virtual-reality/

※Mogura VRはRoad to VRのパートナーメディアです。



【Mogura主催のイベント】
・コロナ禍でVR×エンタメはどうなる? 業界キーパーソンが語る (5/29)


【Mogura主催のイベント】
・コロナ禍でVR×エンタメはどうなる? 業界キーパーソンが語る (5/29)


グーグルのVRヘッドセットDaydream Viewとは 価格や性能など

2016/10/05 12:00 Daydream

G-Tune、GTX1080搭載のVR対応ゲーミングPCを発売

2016/10/05 12:00 テック
(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});
VR/AR/MR 用語集