デイリーランキング

視界に心拍数や速度を表示するスポーツアイウェア向けARプラットフォーム「NexT」

業界動向

2021/11/29 18:30

デジハリ大ら、アバター生成&装着アプリ「beCAMing」を提供開始 オンライン授業向けに

活用事例

2021/11/30 19:31

「メタバースは8兆ドルの市場」モルガン・スタンレーが語る

メタバース

2021/11/24 11:30

サウジアラビアはAR導入に理想的? Snapが語るその可能性

業界動向

2021/11/29 19:00

ボルボ、イスラエルのスタートアップ企業に出資。ARHUD開発を推進

投資

2021/11/30 12:28

MoguLive facebook twitter hatena line

XRの「いま」を掘りだすニュースメディア

MoguraVR

VRを利用した子供向け弱視治療法が米国で承認 映像を見ながら治療

弱視の子供向けのVRを利用した治療法が、米国食品医薬品局(FDA)により新規に市販前承認を受けたと発表されました。この治療法は、患者がVRのヘッドセットを使って修正されたテレビ番組や映画を見ることで、視力を改善します。

見たいビデオで治療ができるLuminopia One

弱視は、子どもの約3%が罹患しているとされています。現在の治療法では、視力が強い方の目をパッチや目薬で塞ぎますが、両方の目を連動させる訓練にはならず、視覚機能を完全に回復させるには不十分な場合が多くありました。

今回発表された「Luminopia One」は、VRを活用した治療法でLuminopiaが開発。弱視や神経視覚障害の子どもたちを対象とした初のデジタル治療薬となります。

Luminopia Oneでは、700時間を超える人気の高いテレビ番組や映画の中から、患者が見たいビデオを選ぶことができます。VRヘッドセット内で選択されたビデオがリアルタイムに修正され、弱い方の目の使用を促進し、患者の脳が両目からの入力を組み合わせるように促します。
Luminopia Oneのウェブサイトでは、メディアパートナーとしてセサミストリートやUNIVERSAL KIDS、DreamWorksなどの企業名が挙げられています。

この治療法は、市販のVRヘッドセットを使用しており、4歳から12歳までの子どもが対象。眼科医によって1日1時間、週6日、12週間にわたって処方されます。

62%の子どもが視力を強く改善

この治療法の臨床試験では、Luminopia Oneと眼鏡を併用するグループと、治療法を使用せず眼鏡だけを使用するグループに分けられました。12週のあいだ1日1時間で週に6日、番組を視聴した結果、Luminopia Oneを使用した子どもの62%が視力を強く改善しました。眼鏡だけのグループでは、12週間の間に同様の改善が見られたのは33%でした。

Luminopia Oneは、米国にて2022年の第2四半期に発売される予定です。

(参考)Business Wire


【注目の記事】
新しい技術であることを言い訳にしない 集英社と共同でXR組織を立ち上げた「THINK AND SENSE」インタビュー

【注目の記事】
新しい技術であることを言い訳にしない 集英社と共同でXR組織を立ち上げた「THINK AND SENSE」インタビュー

VRゲーム版「ウォーキング・デッド」の売上が5,000万ドル(約57億円)を突破!

2021/10/27 19:00 ゲーム・アプリ

VRヘッドセット「HP Reverb G2」改良版 Steamに商品ページ開設

2021/10/27 19:00 その他VRヘッドセット