デイリーランキング

「ホロライブ」のビジョンとこれから――Tokyo XR Startups出身起業家インタビュー(第一回:カバー株式会社CEO 谷郷 元昭氏)

業界動向

2019/08/23 12:00

ファーウェイが独自のARナビ開発中 Googleマップに対抗か

AR/MR

2019/08/23 17:50

VR ZONEに続くVR体験施設「MAZARIA」、池袋で7月12日オープン 「太鼓の達人VR」が新登場!

VR体験施設

2019/06/20 11:38

ARグラスをかけて試合観戦 バスケ日本代表戦で5G使い先行体験

AR/MR

2019/08/24 19:30

クラファン大成功のVRMMORPG 開発元にはY Combinatorも出資

投資

2019/08/22 12:00

MoguLive facebook twitter hatena line

VRの「いま」を掘りだすニュースメディア

MoguraVR

裸眼立体視ディスプレイ「Looking Glass」国内提供開始 税込64,000円から

3D映像を立体的に見ることができる据え置き型の裸眼立体視ディスプレイ「Looking Glass(ルッキング・グラス)」が、クラウドファンディングサイト・Makuakeにて提供開始されました。

今回提供されるLooking Glassは日本向けの特別割引価格となっており、Looking Glassスタンダード(8.9インチ)が64,000円(税込)、ラージ(15.6インチ)が305,000円(税込)から。出荷は2019年6月を予定しており、配送料は無料。クラウドファンディングサイトのプロジェクトページはこちらから。

「Looking Glass」は厚みのあるディスプレイに映像を表示し、3D映像を裸眼で立体的に見れるデバイスです。2018年にKickstarterでのクラウドファンディングで約84万ドル(9,000万円)を調達、開発者の間で話題を集めていました。

話題の裸眼立体視ディスプレイ「Looking Glass」日本上陸へ

話題の裸眼立体視ディスプレイ「Looking Glass」日本上陸へ

MoguraVR

日本ユーザー向けのマニュアルやサポートも用意

今回、クラウドファンディングサイトMakuakeに、Looking Glassが2月26日より45日間登場します。Makuakeでは日本のユーザー向けに日本語版の仕様マニュアルや、日本語対応カスタマーサポートなどが用意されます。また、以下のソフトウェアが提供されます。

Looking Glassから提供されるソフトウェア

・HoloPlay Unity SDK
・Three.js Library
・Blender Add-On
・App Library
・Open GL C/C++ API
・Lightfield Photo Viewer
・3D Print App
・3D Model Viewer (accepts OBJ, glTF, GLB files)

コミュニティから提供されるソフトウェア

・StereoPhotoMaker Integration
・Verto Studio
・Facebook 3D Viewer Chrome Extension

(参考)Makuake


ブラウザベースのWebVRを手軽に Mozillaら無料の制作講座を公開

2019/02/26 11:19 開発

VRアドベンチャー「東京クロノス」事前予約がスタート、限定グッズや豪華セットも

2019/02/26 11:19 ゲーム・アプリ