デイリーランキング

米陸軍の最大2兆円規模「HoloLens 2」導入が延期、2022年9月予定へ

業界動向

2021/10/21 19:30

パソナグループとAVITA、協業でアバター人材雇用創出プロジェクトを開始

業界動向

2021/10/26 19:00

「第一回全国VRコンテスト TOUCH JAPAN」が開催。「日本」を世界に発信する360度動画を募集

業界動向

2021/10/27 11:30

HPの「Reverb G2」改良版が発表。トラッキング性能やAMD製GPUとの互換性改良へ

業界動向

2021/10/25 11:30

フェイスブック、XR分野への投資は2021年単体で1兆円以上 翌年以降さらに加速へ

業界動向

2021/10/26 14:24

MoguLive facebook twitter hatena line

XRの「いま」を掘りだすニュースメディア

MoguraVR

LenovoのPC向け新型VRヘッドセットはRiftやViveより軽量、高解像度で低価格

レノボが、PC向けのVRヘッドマウントディスプレイ(VRHMD)を準備していることが明らかになりました。この情報はThe Vergeが報じているもの。価格は300ドルから400ドルの間で2017年後半に発売されるとのこと。

このVRHMDは名称はがまだついておらず、2枚の1440×1440 有機ELディスプレイ、PlayStation VRスタイルのハローストラップシステム、デュアルカメラを搭載しています。

レノボは、このVRHMDはがHTC Viveよりも約200g軽く、Oculus Riftよりも軽い約350gの重量を目標にしていると主張しています。 The Vergeに示されているヘッドセットは機能していなかったため、現時点では視野角など見え方の情報が得られていません。また、片目1440×1440の有機ELディスプレイは、RiftやViveの片目1080×1200の有機ELディスプレイよりも優れた解像度になります。

レノボのヘッドセットは、ヘッドセットの位置のトラッキングにカメラの画像を元にしたコンピュータビジョンを採用し、現在PlayStation VR、Oculus Rift、HTC Viveなどの外部装置やセンサーを必要しないと推測されています。

マイクロソフトはAR/VRプラットフォームWindows Holographicを推進しています。2016年11月のカンファレンスにて、2017年にPCメーカーより300ドル程度のPC向けVRヘッドセットが登場することが予告されていました。その際にレノボの名前も挙がっており、今回明らかになったVRHMDはまさにWindoiws Holographicを採用したVRHMDとなります。ほかにもHP、ASUS、Acer、Dellから2017年に発売されると言及されています。

(参考)

Road to VR

http://www.roadtovr.com/lenovos-new-vr-headset-packs-pixels-lower-price-weight-rift-vive/

The Verge

http://www.theverge.com/ces/2017/1/2/14150054/lenovo-vr-headset-windows-holographic

Engadget

https://www.engadget.com/2017/01/03/lenovo-vr-headset-windows/

※Mogura VR は、Road to VRとパートナーシップを結んでいます。


VRに最適なグラフィックボードは?GTX1060、1070、1080比較

2017/01/04 11:00 テック

ASUSの“Zenfone AR”は世界初のVR/ARの両対応か DaydreamとTangoに対応との情報がリーク

2017/01/04 11:00 Daydream