デイリーランキング

2019年、VRは大きな転換点を迎えた

業界動向

2020/02/17 11:30

KDDI、新型コロナで中止のイベントをバーチャル開催へ 社長も登壇

業界動向

2020/02/19 16:09 New

JDIが高精細VR向け液晶を量産開始、メガネ型デバイスに向け

業界動向

2020/02/17 19:34

「Google Chrome」のAR対応が強化、API拡張へ

開発

2020/02/18 18:33

2020年、XR産業の展望は? プレイヤー14社が語る

業界動向

2020/02/17 12:00

MoguLive facebook twitter hatena line

VRの「いま」を掘りだすニュースメディア

MoguraVR

Lenovo、一体型ARヘッドセット『daystAR』発表



『daystAR』とは

Lenovoは現在開催中の同社のカンファレンスにおいて、新型ARヘッドセット『daystAR』のコンセプトモデルを公開しました。

発表はLenovoでチーフテクノロジーオフィサーを務めるYoug Rui氏によって行われました。『daystAR』に搭載されているディスプレイは「デバイス単体で映像の再生が可能で、ディスプレイの視野角は40°」とのこと。マイクロソフトのARヘッドセット『HoloLens』のように、デバイス単体で動作するスタンドアロンのヘッドセットと考えられます。

今回発表された『daystAR』はコンセプトモデルで動作はしていません。価格や発売日に関しては今のところ不明です。しかしEngadgetの中国版にはデバイスの外見詳細レビューが掲載されています。

それによると、今回展示されたのは4色のカラーのあるモデルです。表面は光沢のある滑らかなデザインで、複数のセンサーが搭載されており、センサーを通してトラッキングが可能なようです。デバイスの上面にはホイールが取り付けられており、おそらくディスプレイと眼との間の距離を調節するためのものと考えられます。

daystARはLenovoの独自プラットフォームで動作することが同社のブログから推測されます。daystAR向けコンテンツのAR開発プラットフォームにはCloud Object Recognition、リモートアシスタンス、マルチプレイ可能なインタラクション、3Dコンテンツマネージャーなどが搭載されており、3Dコンテンツのスキャンやアップロード、編集が可能でとされています。

また、Lenovoはルーカスフィルムとの提携によって映画『スターウォーズ』の世界をAR体験できる『Star Wars: Jedi Challenges』を開発しており、スマートフォンを差し込むことによって使用できるARヘッドセットも開発中です。AR開発に積極的な同社の今後の動向が注目されます。

(参考)
Road to VR / Lenovo Reveals AR Headset DaystAR(英語)
https://www.roadtovr.com/lenovo-reveals-ar-headset-daystar/

Mogura VRはRoad to VRのパートナーメディアです。


【スポンサードポスト】
・3Dデータを手軽にVRへ。自動車や住宅などで導入進む「MeshroomVR」
・【特別企画】2Dお絵描き感覚で3Dキャラが作れる「VRoid Studio」講座、第一回を無料掲載!

N高がHoloLensアプリ開発授業を生徒向け実施 日本MSとUnityが講師

2017/07/21 11:13 イベント情報

自宅でロケット着陸、現実でテトリス 続々と広がるiPhoneのAR機能を使ったアプリ

2017/07/21 11:13 活用事例
新規CTA

「Insta360 Pro 体験説明会」 Advertisement

VR/AR/MR 用語集