ホーム
PSVR
Oculus Rift
HTC Vive
Gear VR
Daydream
スマホVR
ビジネス・投資
動画・映像体験
テクノロジー・開発
イベント・体験
ゲーム・アプリ
コラム
イベントカレンダー

VRの「いま」を掘りだすニュースメディア

MoguraVR

VRで風の可視化シミュレーション 設計などに活用

株式会社熊谷組は、VRで風の流れを可視化する技術を開発しました。流体解析とVRを組み合わせ、本来は目に見えない風の流れをVR空間で見える状態にしています。同社はこれにより「ビル風」の原因を把握することが可能となり、設計品質や住環境性能の向上、プレゼンテーションとしての利用が期待できるとしています。

建物が建設されることによって変化する風環境、いわゆる「ビル風」による問題は、設計者や事業主、そこに住まう人々にとって身近な問題です。しかしビル風について検討を行う際、実験や解析結果の一部分のみを切り出した紙資料の情報だけでは、全体像を把握しにくいという問題がありました。

そのような問題に対し熊谷組は、VRを用いてビル風を可視化させる技術を開発。本技術は専門知識を持っていない人でも「どこでどのように風が流れるのか」「強い風・弱い風がどこで吹くのか」を視覚的にとらえることができます。

本技術は「流体解析」と「VRアプリケーション作成」の2つのシステムで構成されています。 「流体解析」部分では、解析結果で得られた風速や風向のデータを指定のフォーマットで出力。「VRアプリ作成」部分では、この解析データと建物周辺の3Dモデルを用いて、VRで風の流れを可視化するアプリケーションを作成します。

作成したアプリはモバイルVRデバイス「GearVR」で見ることができます。Androidのスマートフォンで動作するため専用のPCを必要とせず、会社から離れた場所でのプレゼンテーションや打ち合わせなどにも適しています。

さらに本アプリをLANに接続することで、複数人が同時にVR空間を共有することも可能です。設計者や顧客との合意形成のためのツールとして、また、強風による事故防止の注意喚起のためのツールとしての活用が見込まれます。

熊谷組は今後、観測データと組み合わせたVR空間でのリアルタイムの風環境の可視化、ARやMRへの拡張、オンライン化といった機能の追加を重ねていくとしています。

VR技術と流体解析による気流・風のシミュレーションの可視化は、2017年に新菱冷熱工業とソフトウェアクレイドルが取り組んでいます。こちらではマイクロソフトのMR(複合現実)デバイス「HoloLens」を使用し、空調設備の生む風の流れを確認できます。

(参考)株式会社熊谷組 公式

この記事を書いた人

みたらし

ゲーム紹介メディア「もぐらゲームス」でライターをしています。Mogura VRではライティングなどを担当しつつ、VRの魅力を伝えられればと思います。

Twitter:@MD5ch_com

デイリーランキング

VRデバイス 360度カメラ 一覧
VR業界 2018年
バーチャルユーチューバー 最新情報まとめ
VR ソフト 360カメラ セール

Mogura VRの新サービス!
VR体験施設の検索サイト「Taiken.tv」
VR体験施設の検索サイト「taiken.tv」

ニンジャマスクの購入はこちら! Mogura VR Store
VR関連の求人はこちら! Mogura VR Job
オフィスやイベント会場でVR体験会が実現できる!

「Insta360 Pro 体験説明会」 Advertisement

VR/AR/MR 用語集
360度カメラ撮影レポート
Insta360
シリコンバレーVR/ARニュース