デイリーランキング

ノーコードでWebARが作れる国産サービス「palanAR」、位置情報を使ったAR機能が追加

開発

2021/09/22 18:30

フェイスブックのスマートグラス、欧州の規制当局がプライバシーに懸念表明

業界動向

2021/09/22 12:00

KDDIがメタバースプラットフォームを発表、VR/AR両対応の「Lynx R-1」クラファン間近か ー 週間振り返りVR/AR/MRニュース

業界動向

2021/09/21 08:00

「Microsoft Japan Digital Days」が10月12日より開催。HoloLensやMR関連の講演も多数

セミナー

2021/09/22 19:00

うつ病治療におけるVR活用の効果検証、ジョリーグッドと研究機関が進める

活用事例

2021/09/21 12:02

MoguLive facebook twitter hatena line

XRの「いま」を掘りだすニュースメディア

MoguraVR

産学連携で医療×VRに取組む BiPSEEとPsychic VR Lab、高知大学らが組織設立

株式会社BiPSEEと高知県の3大学、および株式会社Psychic VR Labは、高知大学医学部に研究開発組織「医療×VR」学を設立しました。産学連携で組織を立ち上げることで、医療✕VRの臨床研究に留まらず、研究成果をいち早く臨床応用していくことを目指します。

「医療×VR」学は、医療×VRに関する研究・臨床拠点とするために設置された研究開発組織です。医工連携を基盤とした、VRに医療と技術を組み合わせたシステムを構築。VRを活用した治療と遠隔医療の実践を行い、医療VRガイドラインを策定する学際的な拠点を目指します。

「医療×VR」学では、「VRデジタル治療薬の薬事承認と臨床応用の基盤を創造」、「国内外医療分野におけるVR活用のガイドラインの策定」、「VR空間での基礎・臨床研究を推進するためのプラットフォーム構築」の3つのプロジェクトで研究を推進しながら連携を図っていきます。取り組みにはPsychic VR LabのXRクリエイティブプラットフォーム「STYLY」が活用されます。

VR治療モデルを構築し、地方創生のモデルケースへ

高知県は、人口10万人当たりの医師数が全国3位で「医療過疎」や「高齢化問題」について地位的な課題を抱えています。本研究開発組織では、高知県を中心に産学官民連携を基盤にVR治療モデル構築し、国際的な地方創生のモデルケースの構築を目指すとのことです。

「医療×VR」学の参画メンバーは以下の通りです。

高知大学 医学部長 菅沼成文氏
高知県立大学 看護学部 特任教授 神原咲子氏
高知工科大学 情報学群 教授 繁桝博昭氏
株式会社BiPSEE 代表取締役/心療内科医師 松村雅代氏
株式会社Psychic VR Lab 代表取締役 山口征浩氏
高知県議会議員 桑名龍吾氏
高知県議会議員 大石宗氏
株式会社アルファドライブ高知 代表取締役 宇都宮竜司氏

(参考)株式会社BiPSEE プレスリリース


Apple Watchを手の動きで操作する新機能「AssistiveTouch」追加。ARデバイスへの応用も視野か

2021/05/21 19:30 テック

「めがらいとプロダクション」がVTuberオーディション開催! 音楽方面での活動を強力サポート

2021/05/21 19:30 VTuber 最新ニュース一覧