デイリーランキング

まるで未来の車 メーターやナビを3D表示するダッシュボードが開発中

業界動向

2019/07/17 12:30

NVIDIA、視線追跡搭載で広視野角、高解像度のARデバイスを開発

テック

2019/07/18 11:45

ビッグデータとVRで“街の欲求”可視化、ヤフー・日建・東急らが取り組み

統計・データ

2019/07/16 19:30

VR動画と現実が近づく、11Kのモンスター級360度カメラ「Insta360 Titan」

テック

2019/07/17 18:00

VR関連デモ続々、触覚研究の最前線を探る「World Haptics Conference 2019」レポート

テック

2019/07/17 19:00

MoguLive facebook twitter hatena line

VRの「いま」を掘りだすニュースメディア

MoguraVR

発達障害向けのVR支援プログラム開発、全国の支援機関などに提供へ

株式会社ジョリーグッドは 、専門医監修のもと、発達障害者向けのソーシャルスキルトレーニング(SST)のVR支援プログラム「emou(エモウ)」を開発しました。利用者は社会生活における様々な場面を、実際の空間で体験しているかのように何度でもトレーニングすることができます。

本サービスの第一弾として、全国でSSTを実施している就労移行支援事業や放課後等デイサービスなどの支援機関、特別支援学級を設置する小学校中学校向けに、パッケージ提供を開始します。価格は月額5万円からです。

「emou」は、学校生活や職場などの日常生活の中で必要となるソーシャルスキルを、VR内で体験トレーニングできる発達障害支援プログラムです。学齢期向けコンテンツと就労移行期向けコンテンツの2種類があります。

本サービス第一弾のパッケージ版では、専門医が監修するVRコンテンツによるSSTプログラムの指導マニュアルを含めて提供されます。進行プログラムとセットで提供されるため、経験の浅い支援スタッフでもSSTを実施できるとのことです。

SST VRスクール開校へ

ジョリーグッド は、「emou」の最初の導入支援機関である、株式会社Kaienが運営する支援施設、TEENS新宿、TEENS川崎にて、SST VRスクールを開校します。

Kaienの代表取締役である鈴木氏は「『emou』のVRは目線による追跡なども出来、SSTが点数化されていることもあって、これまでとは違ったゲーム感覚で発達障害の方がSSTに取り組んでくれました」とコメントしています。

なお、ジョリーグッドは3月18日から東京ビッグサイトにて開催される「Medtec Japan」にて、「emou」の詳しい発表と体験展示を行います。

https://www.youtube.com/watch?v=WpLNS3y3tD4

(参考)株式会社ジョリーグッド プレスリリース





REALITYで公式番組出演のチャンス! デビューイベントが3月15日より開催

2019/03/15 19:00 VTuber 最新ニュース一覧

中国でMR活用のビジネス展開、DataMeshとTISが協業

2019/03/15 19:00 業界動向
ニンジャマスクの購入はこちら! Mogura VR Store

「Insta360 Pro 体験説明会」 Advertisement

VR/AR/MR 用語集