デイリーランキング

ナイアンティックは、ついに「ポケモンGO」にARマップを導入。“惑星規模のAR”に一歩

業界動向

2020/05/27 17:33

“中国のNetflix”が一体型VRヘッドセットを発売。4K対応で約6万円

業界動向

2020/05/28 11:30

「Looking Glass 8K」が出荷開始 世界最大級、32インチの3D裸眼立体視ディスプレイ

業界動向

2020/05/28 15:00

コントローラー不要の一体型VRヘッドセット「Mova」登場、HTC前CEO設立の企業から

業界動向

2020/05/27 12:15

HPの新型MRヘッドセット「Reverb G2」発表、600ドルで2020年秋発売

業界動向

2020/05/29 11:30 New

MoguLive facebook twitter hatena line

VRの「いま」を掘りだすニュースメディア

MoguraVR

Insta360 ONEがアップデート予告、スタビなど向上

360度カメラブランドのInsta360は、YouTubeに「Insta360 ONE」の新しいカメラファームウェアのティザー動画を公開しました。動画は「move smooth.」をキャッチコピーとし、スタビライゼーション機能の大幅な改善などが予告されています。

このティザー動画には、Insta360 ONEの「フリーキャプチャー」機能を使用、360度動画から固定の画角でカメラアングルを編集し切り出した動画が使用されています。

https://www.youtube.com/watch?v=m2k0fDwA2R0

Insta360 ONEは4K/2400万画素の360度静止画と4K360度動画が撮影可能な360度カメラです。リコーの「THETA V」やガーミン「VIRB 360」、GoPro「Fusion」と似た機能、同程度の性能の360度カメラとして、国内の量販店などで販売されています。発売直前には映画『マトリックス』の有名なシーンのような動画を撮影できる「バレットタイム」機能が話題になりました。

(Insta360 ONE はスマートフォンに直挿しするタイプ)



新スタビライゼーションによる“揺れ”の少ない動画が撮影可能に

新しいカメラファームウェアは3月20日に更新される予定です。予告されているスタビライザー機能の向上により、カメラを手持ちで動画撮影をしたとしても、揺れの少ない水平を保った動画を撮影できるようになることが期待されます。

(犬の背中の近くにカメラを置いたと思われる映像。スタビ無しのものと比べると、揺れは非常に少ない)

また編集部がInsta360に問い合わせたところ、同社では今回のスタビライゼーション機能を「FlowState stabilization」と名付けているとのこと。このスタビライゼーション機能は「アクションカメラとスマホ用ジンバルのユーザー」をターゲットにしたアップデートのようです。

ティザーではスタビライゼーション機能の他に、上述した「フリーキャプチャー」機能の改善も紹介されています。ユーザーが任意で選択した対象物を自動で追尾する「スマートトラッキング」機能の向上、スローモーション/倍速再生の編集機能などが3月20日のアップデートで搭載されるようです。

(白い蝶を追いかける映像。景色と同化しやすい対象物も追尾ができるほどに機能が改善されたようだ)

Insta360は今回のアップデートと今後の新製品について、「360度カメラ技術を使い、伝統的なフラットな映像/静止画が進歩する方向を探求していきます」と編集部にコメントしています。ソフトウェアの更新・改善を頻繁に行うことも特徴であるInsta360の取り組みに、今後も注目していきたいところです。

 


【Mogura主催のイベント】
・コロナ禍でVR×エンタメはどうなる? 業界キーパーソンが語る (5/29)


【Mogura主催のイベント】
・コロナ禍でVR×エンタメはどうなる? 業界キーパーソンが語る (5/29)


VRでスパルタ英会話 実践的トレーニングで早期習得

2018/03/15 11:15 学校教育

視界に合わせ音声ガイド Boseの眼鏡型デバイス「Bose AR」

2018/03/15 11:15 クリエイティブツール